東京都の公園情報|ペットとおでかけ

杉並区

玉川上水緑道

玉川上水に沿って造られた緑道です。江戸時代に江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画しました。承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたといわれており、以後玉川上水と呼ばれるようになりました。上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶものですが、この間の落差が小さく勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。現在、玉川上水緑道として開園されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmです。しかし、かつての上水の面影を求めて、さらに上流を散策することもできます。

公園の詳細を見る

町田市

大戸緑地

大戸緑地は町田市の西端部、神奈川県との県境を流れる境川の源流域にあります。付近には優しい里山風景が広がり、園内の小高い場所にある「雨乞い場の碑」などからも、ここが地域の大切な場所だったことが分かります。ここからは大きく開く都心部までの展望が望めます。城山湖を見下ろす草戸山、「かたらいの路」や「関東ふれあいの道」、「高尾山」へのハイキングコースも人気があります。

公園の詳細を見る

武蔵野市

玉川上水緑道

玉川上水に沿って造られた緑道です。江戸時代に江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画しました。承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたといわれており、以後玉川上水と呼ばれるようになりました。上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶものですが、この間の落差が小さく勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。現在、玉川上水緑道として開園されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmです。しかし、かつての上水の面影を求めて、さらに上流を散策することもできます。

公園の詳細を見る

三鷹市

野川公園

豊かな水と緑に恵まれた野趣に富む公園です。野川公園の前身は、国際基督教大学のゴルフ場です。

昭和49年からゴルフ場を買収し、その周辺の神代植物公園、武蔵野公園、多磨霊園、調布飛行場、浅間山公園、府中の森公園などの緑地を含め「武蔵野の森構想」のもとに造成を行い、昭和55年6月に開園しました。

この公園は、調布、小金井、三鷹の三市にまたがり、野川と都道246号線(東八道路)とで三つの地区に分かれています。国分寺崖線に接し、豊かな自然が残されている野川の北側、野川と都道にはさまれた起伏のある芝生広場、そして広々とした芝生広場とテニスコート・アスレチックのある南側。 緑にひたり、のびのびした気分を味わうことができます。

公園の詳細を見る

玉川上水緑道

玉川上水に沿って造られた緑道です。江戸時代に江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画しました。承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたといわれており、以後玉川上水と呼ばれるようになりました。上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶものですが、この間の落差が小さく勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。現在、玉川上水緑道として開園されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmです。しかし、かつての上水の面影を求めて、さらに上流を散策することもできます。

公園の詳細を見る

府中市

浅間山公園

多摩の台地が古多摩川や他の河川で削られ、小高い丘として残ったもので、堂山(標高80m)、中山、前山の3つの頂をもっています。すぐ近くに多磨霊園、武蔵野公園、野川公園、府中の森公園、武蔵野の森公園があり、散歩やピクニックに好適です。浅間山には、浅間神社、水手洗(みたらし)神社、人見四郎の墓跡があり、昔は、近隣農家の農用林としての役割も担っていました。戦時中は、一時陸軍に接収され、火薬庫代わりに使われていましたが、戦後、地元に払い下げられ、昭和45年に公園として開園しました。現在は貴重な自然景観として、浅間山自然保護会、府中野鳥クラブ等の地域のみなさんのご尽力により、保全が進んでいます

公園の詳細を見る

武蔵野公園

国分寺崖線や、野川に沿って残る草原や雑木林を配した野趣に富んだ公園。東京都の各公園や街路に植える苗木を育てる苗圃をもち、散歩しながら四季の変化を観賞することができます。

苗圃は戦後荒廃した東京の緑を復活するために、昭和24年頃より失業対策事業の一環として始まり、苗木の生産を行う場となっています。春は約40種類の桜が3月中旬から4月下旬まで順次開花し、秋には野川沿いの道が真っ赤に紅葉したモミジのトンネルを形成します。

また、浅間山公園・多磨霊園・野川公園・神代植物公園・深大寺・国立天文台などと一体となって武蔵野の森をつくっています。

公園の詳細を見る

八王子市

陵南公園

多摩御陵の南、南浅川のほとりにある、明るく解放感いっぱいの公園です。2面ある野球場は予約制で、マチュアチームの試合などに利用されています。春の連休と、夏に開放される「じゃぶじゃぶ池」は子供たちに大人気。南浅川を渡って東にある分園には児童遊園があります。東京オリンピック前回大会の自転車競技場跡地が、都立公園になりました。

公園の詳細を見る

小宮公園

八王子市の中心街から真北へ約1.5km。加住丘陵の小高い緑の中に小宮公園はあります。公園の中心部は湧き水の流れる広い谷で、野鳥の声と豊かな植物にあふれており、木道を歩いて散策することができます。公園北には開放感たっぷりの明るい原っぱ、南には子供たちに人気の遊具広場があり、サービスセンターに併設された「雑木林ホール」は自然の情報がいっぱいです。

公園の詳細を見る

滝山公園

多摩川と秋川の合流付近、かつては丘陵地形を生かした中世の山城がありました。自然の素晴らしさもさることながら、歴史ファンにもたいへん人気がある公園です。美しい緑の山道を歩きながら「千畳敷」、「信濃屋敷跡」などの遺構を訪ねるのもいいでしょう。春の桜、ヤマツツジなども見事です。公園全体が「都立滝山自然公園」の中にあります。

公園の詳細を見る

昭島市

玉川上水緑道

玉川上水に沿って造られた緑道です。江戸時代に江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画しました。承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたといわれており、以後玉川上水と呼ばれるようになりました。上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶものですが、この間の落差が小さく勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。現在、玉川上水緑道として開園されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmです。しかし、かつての上水の面影を求めて、さらに上流を散策することもできます。

公園の詳細を見る

小金井市

武蔵野公園

国分寺崖線や、野川に沿って残る草原や雑木林を配した野趣に富んだ公園。東京都の各公園や街路に植える苗木を育てる苗圃をもち、散歩しながら四季の変化を観賞することができます。

苗圃は戦後荒廃した東京の緑を復活するために、昭和24年頃より失業対策事業の一環として始まり、苗木の生産を行う場となっています。春は約40種類の桜が3月中旬から4月下旬まで順次開花し、秋には野川沿いの道が真っ赤に紅葉したモミジのトンネルを形成します。

また、浅間山公園・多磨霊園・野川公園・神代植物公園・深大寺・国立天文台などと一体となって武蔵野の森をつくっています。

公園の詳細を見る

立川市

玉川上水緑道

玉川上水に沿って造られた緑道です。江戸時代に江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画しました。承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたといわれており、以後玉川上水と呼ばれるようになりました。上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶものですが、この間の落差が小さく勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。現在、玉川上水緑道として開園されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmです。しかし、かつての上水の面影を求めて、さらに上流を散策することもできます。

公園の詳細を見る

西東京市

東伏見公園

東伏見公園は西東京市東部に位置する新しい都立公園です。公園の近くには特別緑地保全地区に指定されている東伏見稲荷神社の森や、石神井川が隣接するなど、緑と水に恵まれた立地条件にあります。現在はのびのびと体を動かせる多目的広場や展望の良い休憩施設、遊具などがご利用いただけます。今後、恵まれた周辺環境を活かした整備を進めていくことでさまざまなレクリエーションが楽しめ、災害時には様々な活動の拠点としての役割を果たす公園となっていきます。

公園の詳細を見る

西東京いこいの森公園

西東京いこいの森公園は、約4.4ヘクタールの西東京市内最大規模の市立公園です。南西側には、東大演習林が隣接しており、みどり豊かな場所にあります。散策や四季折々の自然観察、レクリエーションなど憩いの場としてご利用ください。

公園の詳細を見る

福生市

玉川上水緑道

玉川上水に沿って造られた緑道です。江戸時代に江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画しました。承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたといわれており、以後玉川上水と呼ばれるようになりました。上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶものですが、この間の落差が小さく勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。現在、玉川上水緑道として開園されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmです。しかし、かつての上水の面影を求めて、さらに上流を散策することもできます。

公園の詳細を見る

東村山市

狭山・境緑道

多摩湖から境浄水場までの水道管を布設した道路を緑化したのが、狭山・境緑道です。現在は、西東京市から東大和市までの10.5kmにわたって開園しています。緑道沿いには、サツキ、ヤマブキ、アジサイ、サルスベリなど花の咲く樹木が多く、花の季節には彩りも鮮やかに装います。緑道と並行して自転車・歩行者専用道が通っており、都立小金井公園、狭山公園とあわせて散策やサイクリングを楽しむことができます。

公園の詳細を見る

国分寺市

武蔵国分寺公園

一周500mの円形芝生広場を中心に、旧鉄道学園時代からのサクラ・ケヤキ・イチョウなどの巨木や滝、池、噴水がバランスよく配置された、水と緑のゆったりした公園です。池のまわりには延長33m・幅3mの藤棚やノウゼンカズラの棚があり、開花期には公園を彩ります。

公園の詳細を見る

東大和市

狭山・境緑道

多摩湖から境浄水場までの水道管を布設した道路を緑化したのが、狭山・境緑道です。現在は、西東京市から東大和市までの10.5kmにわたって開園しています。緑道沿いには、サツキ、ヤマブキ、アジサイ、サルスベリなど花の咲く樹木が多く、花の季節には彩りも鮮やかに装います。緑道と並行して自転車・歩行者専用道が通っており、都立小金井公園、狭山公園とあわせて散策やサイクリングを楽しむことができます。

公園の詳細を見る

東久留米市

六仙公園

この公園は、東久留米市のほぼ中心に位置し、北多摩地域における緑の拠点として計画されました。雑木林等の武蔵野の原風景を再現し、東京の名湧水にも選ばれている「南沢緑地」の涵養地となるよう、また、災害時等の避難広場としての防災機能をもった公園として整備する予定です。

公園の詳細を見る

小平市

狭山・境緑道

多摩湖から境浄水場までの水道管を布設した道路を緑化したのが、狭山・境緑道です。現在は、西東京市から東大和市までの10.5kmにわたって開園しています。緑道沿いには、サツキ、ヤマブキ、アジサイ、サルスベリなど花の咲く樹木が多く、花の季節には彩りも鮮やかに装います。緑道と並行して自転車・歩行者専用道が通っており、都立小金井公園、狭山公園とあわせて散策やサイクリングを楽しむことができます。

公園の詳細を見る

玉川上水緑道

玉川上水に沿って造られた緑道です。江戸時代に江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画しました。承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたといわれており、以後玉川上水と呼ばれるようになりました。上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶものですが、この間の落差が小さく勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。現在、玉川上水緑道として開園されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmです。しかし、かつての上水の面影を求めて、さらに上流を散策することもできます。

公園の詳細を見る

関連記事

・都心でワンコと楽しいお散歩:コチラ

・ワンちゃんも嬉しい!ライターがおすすめするドッグラン6選!営業時間や料金も紹介:コチラ

・アフターコロナにおけるペットと飼い主の新しい過ごし方:コチラ

ペットと住みたい街ランキング

equall LIFEの独自調査でペット飼育者にペットと暮らしたい街についてアンケートを実施いたしました。

飼育者が選ぶ!ペットと暮らしてみて良かったと思う街ランキング東京都編! 犬や猫と暮らしたい街TOP10

equall LIFEでは犬が快適に暮らせる物件やお役立ち情報を紹介していますので、参考にしてみてください。

執筆:equall編集部

 

 あなたにオススメ