ジャーマン・シェパード・ドッグの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

ジャーマン・シェパード・ドッグ とは

あらゆる犬種の中で最も知的レベルの高い犬、もっともすぐれた身体能力を持つ犬と称賛されるジャーマン・シェパード・ドッグ 。日本では警察犬として活躍する姿が印象的です。今回は数々の優れた能力を持つジャーマン・シェパード・ドッグの魅力に注目してみましょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグ の特徴

ジャーマン・シェパード・ドッグ といえば肩から腰にかけて斜めに下がった立ち姿勢が印象的です。この立ち姿勢も ジャーマン・シェパード・ドッグ だけが持つ特徴であり、この犬種がいかに俊敏で正確な動きをとるかがうかがえます。

性格は

  • 温厚
  • 知的
  • 落ち着きがある
  • 忍耐強い
  • 勇猛果敢
  • 判断力に優れている
  • 甘えん坊
  • 従順、忠実

ジャーマン・シェパード・ドッグ は人間が犬に求めるすべてを兼ね備えています。ただこの犬種の優れた能力はあくまでも適切な訓練、運動、環境が整ったうえで発揮されるものであり、家庭で安易に飼える犬種ではありません。

運動量は日常的な散歩はもちろん心身ともに全力で能力を発揮できる環境も欠かせません。ドッグランやアジリティなどで全力で体力を発揮できる環境を整えておきましょう。合わせて高い知的レベルを満足させるべく高度なトレーニングも習慣化しましょう。

ドッグランでは小型犬を執拗に追いかけてしまったり、突発的に攻撃してしまう場合もあります。 ジャーマン・シェパード・ドッグ にとっては気軽なじゃれ合いのつもりでも相手の犬に大怪我を負わせる場合もあるので油断は禁物です。

サイズ・毛色・体重など

JKCの定めるジャーマン・シェパード・ドッグのサイズ基準は

体高 牡:60~65cm 牝:55~60cm
体長は、体高より約10~17%長い。
体重 牡:30~40kg 牝:22~32kg

毛色は ブラックの地に、レディッシュ・ブラウン、ブラウン、イエロー、明るいグレーまでのマーキングが入っていて、 鼻はブラックの単色 、 ラックのサドルとマスクがあるもの などと大変細かく規定されています。

ここ数年で白い毛色を持つジャーマン・シェパード・ドッグも登場し日本でも飼育頭数が増加していますが、全身が白い毛色はJKCでは認定されていません。

ジャーマン・シェパード・ドッグ の歴史

ジャーマン・シェパード・ドッグは様々な任務を担う優れた犬の輩出を目指し、 ジャーマン・シェパード・ドッグ協会設立後の1899年以降 に計画的に繁殖、改良がおこなわれた歴史があります。この目的を達成するためにジャーマン・シェパード・ドッグのブリード・スタンダードには、正確な体躯構成、しっかりした気質、性格、毛色など様々な基準が設けられ厳格に受け継がれています。

日本では警察犬として長年にわたり活躍する一方、1990年代のバブル期には番犬や富裕層のペットとして飼育頭数が増加しました。現在では大柄な体形と相当な運動量、高度な訓練の必要性などから一般家庭での飼育は減少し、特使使役犬としての活躍が中心です。

ジャーマン・シェパード・ドッグ の飼育頭数

JKCの統計によるジャーマン・シェパード・ドッグの飼育頭数は

年度飼育頭数ランキング
201923443位
201825941位
201731841位
201628942位

国内での飼育は警察犬や訓練所など特殊使役を担う場合が大多数です。ただ一部のペットショップやブリーダーでは一般家庭への販売も行っています。

ジャーマン・シェパード・ドッグ は飼い主に忠実で甘えん坊で愛情深い面もありますが、家族を守る責任感も強く、中途半端なしつけではこの本能が誤った発揮のされ方をすることもあります。

ペットとして気軽に家族に迎えられる犬種ではないことを理解しておきましょう。また一部の自治体では一般家庭での ジャーマン・シェパード・ドッグ の飼育に様々な条件を設けています。家族に迎える際は専門家の意見や自治体の情報を確認のうえ判断をしましょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグ の年間飼育費用

実際にジャーマン・シェパード・ドッグと暮らす場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

一か月(単位:円)一年 (単位: 円)
ドッグフード5,00060,000
トイレ用品1,00012,000
トリミング12,000144,000
ペットホテル30,000
ペット用品2,00024,000
医療費30,000
合計20,000300,000

※医療費(混合ワクチン、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

※算出方法は、コチラをご覧ください。

ジャーマン・シェパード・ドッグ は特有の骨格から腸ねん転を起こす傾向があります。食後は腸ねん転を回避するために十分な休息時間を設けましょう。ケージ内での食事、休息を習慣化すると安心です。

ペットホテルやトリミングサービス、ドッグランなどは大型特殊な犬種ゆえに利用を受け付けてもらえないことも多々あります。事前に自宅近隣で受け入れ可能な施設を数軒把握しておくと安心です。

ジャーマン・シェパード・ドッグ のケア

ジャーマン・シェパード・ドッグとの暮らしで習慣化すべきお手入れは

【毎日】

〇歯磨き、デンタルケア

歯ブラシ、飲み水に混ぜるタイプ、歯に塗るジェルタイプなど様々な製品があります。愛犬の性格や口内の状況、使い勝手の良さで選びましょう。

健康な状態の歯は白く、艶があります。歯の根元や表面が茶色や緑に変色している場合は、早急に動物病院を受診しましょう。

【2、3日に一度】

〇ブラッシング

〇耳掃除

垂れた耳は通気性が悪く、内部で雑菌の繁殖が進みがちです。数日おきの拭き掃除で、耳内部を清潔に保ちましょう。

臭いや汚れは外耳炎のサインです。症状がある場合は早めに動物病院の受診を。

【月に一度】

〇爪切り

〇肛門腺しぼり

〇シャンプー

シャンプーは月に1度が目安です。シャンプー後は全身の水分をしっかりと取り除いてあげましょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグ のまとめ

大変素晴らしく愛情深い犬種ですが、ペットとして家族に迎えるには十分な検討が必要です。 ジャーマン・シェパード・ドッグ の魅力は適切な環境にあってこそと理解しておきましょう。

執筆 :ライター 大谷

 あなたにオススメ