飛行機でペットと国内旅行をする方法!ANA・JAL・スカイマーク・LCC航空会社を調査

飛行機でペットと国内旅行をする方法

ペットと一緒に旅行へ行きたい!と思っている方が沢山いると思います。

そもそも飛行機に乗れるのか?どのように手続きすればいいのか?誰も教えてくれないので分からない。と悩んでいる方のお力になれれば思い解説したいと思います。

結論から言いますと・・ペットと飛行機に乗って旅行できます!

但し、種類や健康状態などによっては搭乗が出来ない場合もあるので、事前にご確認ください。

GoToトラベルでお得に旅行をする>>

ANA

ANAスカイツアーズ

初めに

ペットをお預けの際は、お客様がお持ちのペットケージにて承ります。
ペットケージをお持ちでないお客様は貸し出し用ペットケージをご利用いただけます。
ANA貸し出し用ケージ(LLサイズ)をご希望のお客様は、事前にANAに連絡をしましょう。

健康チェック

健康状態チェックシートイメージ
大切なペットとの安心な空の旅をお楽しみいただくために、ANAでは事前の健康状態チェック項目やお出かけの際に便利なアイテムをまとめました。 ご旅行の前にご確認ください。

飛行機でペットと国内旅行をする方法

お出かけ前チェックシートのダウンロードはこちらから

事前に予約

事前予約の受付期間は、ご搭乗日前日まで。複数区間でご予約の場合、ANAウェブサイトからのご予約受付期間は、第1区間搭乗日の前日までです。

※ご搭乗日当日のご利用については、国内線予約・案内センターまたは搭乗手続きカウンターへお問い合わせください。

予約方法は 以下のサイトより行えます。

ANAウェブサイトからのご予約方法

1.[予約完了画面]または、[予約詳細画面]のオプショナルサービス[ペット事前予約]ボタンよりご登録画面にお進みください。

飛行機でペットと国内旅行をする方法2.[登録内容確認画面]にて、代表者*1、ペットの種類*2、ケージのサイズ*3、ケージ数をご選択ください。
*1 当日ペットお預けの際には代表者として登録された方にお手続きいただく必要がございます。
*2 登録可能なペットの種類は、「犬、猫、小鳥、うさぎ、ハムスター」となります。それ以外のペットをお預けになる場合は、国内線予約・案内センターまでお問い合わせください。
*3 登録可能なケージのサイズは「S、M、L」です。LLサイズご希望の場合は国内線予約・案内センターまでお問い合わせください。ペットケージをご持参されるお客様は、選択肢から「持参」をお選びください。

3.[登録内容確認画面]にてペットをお連れのお客様に関する同意事項をご確認後、「登録する」ボタンをクリックすると、事前予約手続きが完了いたします。この画面で同意事項に同意いただくことで、搭乗日当日は同意書の提出が不要となります。

※予約変更、取り消しは、国内線予約・案内センターまでお問い合わせください。(ANAウェブサイトからはお手続きできません。)

ご予約:国内線予約・案内センター

同意書の提出

飛行機でペットと国内旅行をする方法

ペットお預けの事前予約サービスをご利用のお客様以外は、同意書の提出が必要です。
事前に印刷して必要事項をご記入のうえ、空港にお持ちください。

※ お客様の同意のうえ、ダウンロードをお願いいたします。

同意書のダウンロードはこちらから

【同意書の内容について】

私は貴社航空便による私のペットの運送にあたり、当該運送中に発生したペットの死傷について、その原因が、ペット自身の健康状態や体質等(気圧・温度・湿度・騒音による影響を含む)、ペット自身の固有の性質にある場合、もしくは、梱包の不備等にある場合、貴社に対して一切の責任を問わないことに同意いたします。

出発空港

出発当日は、ご搭乗便出発時刻の30分前までに手荷物受託カウンター(ペットお預かりカウンター)にお越しください。

・ ペットお預けの事前予約サービスをご利用のお客様以外は、ご署名のうえ、同意書をご提出ください。
・ ペット料金をお支払いいただきます(現金・クレジットカード・ANA旅行券・ANAギフトカードでのお支払いが可能です)。

夏季・冬季期間のご注意

短頭犬種のお預かり
毎年6月1日~9月30日の夏季期間中、「短頭犬種」はお預かりを中止しています。

上記期間は、他の犬種と比較して高温に弱く、熱中症や呼吸困難を引き起こすおそれのある「短頭犬種」のお預かりを中止させていただいております。上記期間以外でも、気温が高い日のお預けには十分にご留意ください。

お預かりを中止している短頭種犬
ブルドッグ(ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ)、ボクサー、シーズー、テリア(ボストン・テリア、ブル・テリア)、スパニエル(キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル)、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズ

暑さ・寒さ対策について

・夏場はクールマットや保冷剤などの冷却グッズ、冬場は毛布やペット用カイロをご用意いただくなど、暑さ・寒さ対策へのご協力をお願いいたします。
・室内で飼育されている犬や猫などはアンダーコート(下毛)が多いケースもございますので、夏季期間のご旅行の際には下毛のお手入れをおすすめいたします。

ANAの2つの安心

ANAでは、5月1日から10月31日の期間にペットケージに保冷剤、給水器を取り付けるサービスを行っております。 ご希望のお客様は係員までお申しつけください。

1. 保冷剤サービス
2. 給水器サービス
給水器へ入れるお水は事前にご用意ください。
給水器

ご利用条件

国内ペット料金:6,000円(* 一部路線は4,000円)

※ 貸し出し用のペットケージのご利用有無にかかわらず、ペットケージ1個につき1区間あたり上記費用をお支払いいただきます。
* 北海道内路線、東京(羽田)=八丈島、福岡=対馬/五島福江/宮崎、長崎=対馬/壱岐/五島福江、沖縄(那覇)=宮古/石垣、宮古=石垣

受付条件
下記の条件を満たしている場合、受託手荷物としてお預かりします。

お預かりできるペット

犬・猫・小鳥*・うさぎ・ハムスターなどの小動物
* 猛禽類(ワシ、タカ、フクロウなど)はお預かりできません。

※ 犬は1年以内に狂犬病予防注射ならびに混合ワクチンの接種、猫は混合ワクチンの接種を受けていただききますようお願いいたします。
※ 貨物室の大きさには限りがあり、手荷物などの収容状況によって、ペットをお預かりできない場合もございます。 その際はご利用便の変更をお願いすることがありますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
※ 大型犬などの場合、ペットケージの大きさにより航空機にお乗せできない場合もございますので、事前にお問い合わせください。

ペットの食事について

お客様のペットをお預かりした後は、ペットの食事をとることができませんので、あらかじめお客様自身でお済ませください。

その他の生き物について

金魚・カメ・昆虫(カブトムシ・クワガタムシなど)は、他のお客様のご迷惑になることがないよう小型の容器に入れられ、逃げ出したり水漏れしたりすることがない状態であれば、3匹程度までは機内にお持ち込みいただけます。

ペットケージの利用について

・ お客様がお持ちのペットケージにて承ります。ペットケージはIATA(国際航空運送協会)の規定に適合したケージをご持参ください
・ 原則として犬・猫・うさぎ・ハムスターなどはペットケージ1個につき1匹(羽)ずつ、小鳥などは1個につき1種類2羽程度までのお預かりとなります(ただしMサイズのペットケージに収容できる程度内)。

ペットケージの規格
・ 硬いプラスチックや金属など、強度のある素材でつくられ、頑丈で屋根がついた航空輸送に耐えうるケージ。
・ 布製のキャリーバックや厚紙、ダンボールなどでつくられたものは受託できません。
・ 車輪付きの場合は、取り外しが可能なもの、もしくは車輪が固定できるもの。
・ 側面に換気用の窓が備わっているのなど、通気性のあるもの。
・ ペットがケージの中で立つ、座る、寝そべる、回転できるなど、十分に動けるスペースがあるもの。
5月1日~10月31日の期間は、通気性が悪くなり危険なため、ペットケージを二重にしたり、ペットケージにカバーを取り付けた状態でのお預かりはできません。

お預かりできない状態のペットケージイメージ

飛行機でペットと国内旅行をする方法

ペットケージにてお預けの前に

※ ペットケージには名前を書いておくことをおすすめいたします。
※ ペットケージ内には動物用のペットシーツをご用意ください。
※ ポンプなどを作動させる発電装置が装備されているものは受託できません。

ペットケージの大きさの目安

  • 小型用(S)チワワ、マルチーズ、ポメラニアンなど小型犬、猫・幅40×奥行55×40(cm)
  • 中型用(M)ビーグル、コーギー、コッカー・スパニエルなどの中型犬・幅46×奥行66×50(cm)
  • 大型用(L)ボクサー、エアデールテリア、ウィペットなどの大型犬・幅55×奥行80×60(cm)
  • 特大用(LL)シェパード、レトリバー、ドーベルマンなどの大型犬・幅65×奥行95×70(cm)
貸し出し用ペットケージについて

ANAでも、左記4サイズの貸し出し用ペットケージをご用意しておりますが、数に限りがございます(LLサイズをご希望のお客様は、事前にANA国内線予約・案内センターへご連絡ください)。安全上ご使用いただけない場合は、当社でご用意した貸し出し用ペットケージのご利用となります。

※ 小型機(Q4A、Q82、CRJ、CR7)で運航する便は、貨物室および貨物室扉の制限により、LLサイズのペットゲージは受託できません。事前にご搭乗の機種をご確認ください。

ペットケージ利用時の注意事項

・ ペットをお預かりする貨物室は大きさに制限があり、搭載されている貨物や他の手荷物の状況次第ではお預かりできない場合もございます。その場合はご利用便の 変更をお願いすることがありますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
・ 長時間ペットケージの中にいることに慣れていないペットは、ストレスを感じやすいため、ご旅行前に慣れさせておくことをおすすめいたします。
犬とペットケージイメージ

空港でのお預け・お引き取りの流れ

1.手荷物カウンターへお越しください

ペットのお預かりは、手荷物カウンターにて承ります。

ご搭乗30分前までにペットのチェックインをお済ませください。

※ 長時間の移動や環境の変化による緊張から、ペットケージ内で排泄してしまう場合がございます。 事前に散歩などを済ませてから手荷物カウンターへお越しください。
※ プレミアムクラスのお客さまは、『ANA PREMIUM CHECK-IN』、『ANA SUITE CHECK-IN』専用カウンターでも、お預かりいたします。

2.ペットのチェックイン

国内線ペット料金のお支払いをお願いいたします。

■国内線ペット料金 6,000円(一部路線を除く)
現金、クレジットカード、ANA旅行券、ANAギフトカードでのお支払いが可能です。

3.ペットのお預かり

出発の15~30分前まで、空調の効いた空港カウンターまたは保管スペースにて大切にお預かりいたします。

■ペットの食事は大丈夫ですか?
お預かりしたペットは、食事をとることができません。 あらかじめ、食事はお済ませください。

4.航空機への移動

航空機まで係員がお運びいたします。
係員がお預かりしたペットを車両などにお乗せし、航空機まで大切にお運びいたします。

■夏場・冬場の温度変化について
航空機への移動、乗り降りは屋外での作業となるため、特に夏場や冬場は、温度や湿度に大きな変化が生じる場合がございます。

5.航空機への移動

航空機内の貨物室にペットを大切にお乗せします。
お預かりしたペットは、係員が航空機内の貨物室(バルクカーゴルーム)に慎重にお乗せします。

■空調機にて温度・湿度を管理

貨物室は空調機にて温度・湿度を管理しておりますが、外気温などの影響により客室とは環境が異なる場合がございます。

6.到着空港

到着ロビーにて、直接お引き渡しいたします。

航空機の到着後、係員が機内の貨物室よりペットを慎重にお運びし、お客様に直接お引き渡しいたします。 環境の変化により、ペットがご帰宅後に体調を崩す場合がございます。ご帰宅後はなるべく安静にしていただくようお願いいたします。

犬と家族のイメージ
~ペットの安心な空旅に~
ANA Pet BOOKはこちら
※ ご希望のお客様には空港でお渡しします。

GoToトラベルでお得に旅行をする>>

JAL

初めに

同意書の確認が必要となるため、ご搭乗便出発時刻の30分前までにペットとおでかけサービス受付カウンター(手荷物カウンター内)にお越しください。

なお、お預かりの際には所定の同意書にご署名をいただいております。
同意書は事前にダウンロードできます。ご利用の際はプリントアウトのうえ、必要事項をご記入いただき、搭乗日当日受付カウンターにご提出ください。

「同意書」をダウンロードする

申込み方法

ペットをお預けの際は、事前にペットのお預けをお考えのお客さまへをお読みください。
予約の必要はございません。同意書の確認が必要となるため、ご搭乗便出発時刻の30分前までにペットとおでかけサービス受付カウンターにお越しください。 ただし、貸出用ペットクレートのL・XLサイズには配備数に限りがあり、ご予約が必要となります。事前にJAL国内線ご予約・ご購入・ご案内までお申し込みください。
※ペットをお預かりする貨物室は大きさに制限があり、搭載されている貨物や他の手荷物の状況次第ではお預かりできない場合もございます。その場合はご利用便の変更をお願いすることがありますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

ペット料金をお支払いいただきます。
クレジットカードをご利用のお客さまは、ペット料金事前お支払いサービスをご利用いただけます。
※このサービスはペットのお預かりを確約するものではありません。利用規約
現金でのお支払いをご希望の場合は、当日空港カウンターにてお支払いください。

【お預かりに際して】

下記の条件を満たす場合、受託手荷物としてお預かりいたします。

※ペットとしてお預かりできるのは、健康状態が良好な、小犬、ネコ、小鳥、うさぎ、ハムスターなどです。
フレンチ・ブルドッグおよびブルドッグはお預かりできません。
※ペットのみのお預け(別送)の場合は貨物扱いとなりますので、「貨物扱いのペット輸送案内」をご覧ください。
なお、貨物扱いの場合、ペットクレートの貸し出しはございません。CRJ/E70機材での運航時は貨物扱いのペット輸送は行っておりませんので、ご注意ください。
※大型ペット(ペットクレートの重量を含め32kg以上)をお連れの場合、貨物扱いとなります。
※また、お預かりした後は、食事や水の補給ができません。あらかじめ十分に与えておくようお勧めいたします。ただし、お客さまが持参される、破損や水漏れの恐れのない給水器をペットクレートに設置することもできます。
お乗り継ぎがあり、乗り継ぎ時間が長い場合、ペットにえさや水をあげることが可能です。出発空港にて必ずお申し出ください。
※ペットお預けの重量は、下記のとおりとさせていただきます。
お一人様につき、ペットと他の受託手荷物を含め、合計100kgまで。(ただし、ペット一匹あたりの重量は32kgまで)
ペットの重量を除いて20kgを超える場合は、重量超過分に対して超過手荷物料金が必要となります。
犬、猫などは原則1つのペットクレートに一匹ずつお預かりいたします。

ご利用料金

ペットクレート1個1区間あたり 3,000円、4,000円、5,000円、6,000円

路線により料金が異なりますのでペット料金のご案内よりご確認ください。

貸出用ペットクレート

Sサイズ 幅43cm×高さ40cm×奥行54cm 本体重量3kg
Mサイズ 幅51cm×高さ48cm×奥行69cm 本体重量5kg
Lサイズ 幅55cm×高さ60cm×奥行81cm 本体重量7kg
XLサイズ 幅63cm×高さ67cm×奥行90cm 本体重量10kg

(ペットクレートのサイズについて)
L・XLサイズのペットクレートには配備数に限りがあり、ご予約が必要となりますため、事前にJAL国内線ご予約・ご購入・ご案内までお申し込みください。また、XLサイズを超える大型ペットをお連れの場合は貨物扱いとなりますので、「貨物扱いのペット輸送案内」をご覧ください。なお、貨物扱いの場合ペットクレートの貸し出しはございません。(CRJ/E70機材での運航時は貨物扱いのペット輸送を行っておりませんのでご注意ください。)

※なお、S・Mサイズのペットクレートにつきましては、事前のご予約は必要ございませんが、数に限りがございますのであらかじめご了承ください。
※貸し出し用ペットクレートがご用意できず、またお客さまの持参されるクレートがペットの安全な輸送に適当でないと当社係員が判断した場合には、お客さまおよびペットのご搭乗便を変更させていただくことがございます。

Sサイズ 幅25cm×高さ25cm×奥行35cm 本体重量4.6kg
Mサイズ 幅32cm×高さ32cm×奥行39cm 本体重量7.4kg

また、うさぎ、ハムスターなどの動物は、歯が強いということを考慮して、全面が金網で覆われている特別な檻に入れてお預りしております。

※昆虫・金魚類に関しては、条件を満たせば機内持ち込みが可能です。

空港でのお預け・お引き取りの流れ

1. 出発空港

空港内の手荷物置き場は空調がないため、夏は暑く、冬は寒い環境となっています。お客さまからお預かりした大切な“ご家族”のことを考えて、出発直前まで、カウンターにてお預かりしております。なお、お客さまが持参される、破損や水漏れの恐れのない給水器をペットクレートに設置できるようにしました。

2. 飛行機に乗るまで

飛行機まではカートでお運びしたのち、係員が飛行機にお乗せいたします。

3. 飛行機内

※一部機種では、搭載位置が異なります。

お預かりしたペットは貨物室(バルクカーゴルーム)にお乗せいたします。ペットが搭載される貨物室の温度は客室内と同じように保たれる仕組みになっていますが、外気温などの影響を受けることもございます。

4. 到着空港

係員が貨物室から到着ロビーへ慎重にお運びし、手荷物受取エリアでお客さまへ直接お返しいたします。なお、ペットのお返し場所を示す看板を設置している空港もございます。

GoToトラベルでお得に旅行をする>>

スカイマーク

ペットは空港カウンターにて大切にお預かりいたします。

お預け希望のお客様は、搭乗日当日に空港カウンターまでお越しください。

  • ペット(犬、猫、小鳥など)は、ペット料金をいただき、お預かりします(機内にはお連れいただけません)。
  • ペットのお預かり数には制限がございます。

お預かりできるペットについて

  • 当社ではペットの機内持込は禁止となっております。お預かりできるのは、飼いならされた犬・猫・小鳥のほか、小動物(ハムスター・うさぎ・リスなど)です。いずれも機内にはお連れいただけません。必ず空港カウンターにてお預けください。
  • ペット料金を頂きお預かりします。
  • 昆虫(カブトムシ、クワガタ、トンボなど)・金魚類(金魚、メダカ、小型カニ、カメなど)は、条件を満たせば機内にお持ち込みいただけます。条件等詳細につきましては予約センターまでお問い合わせください。
  • 貨物室のスペースの関係上、1便あたりにお預かりできるペットの数に制限がございます。搭乗当日にお預けの際、既に制限数に達していた場合は、弊社の後続便に振り替えさせていただきます(他社便に振り替えることはできかねますので、あらかじめご了承ください)。

短吻種(たんふんしゅ)犬のお預かりに関するご案内

スカイマークではペットの安全な輸送について十分な配慮をしております。しかしながら、鼻腔が短いとされる短吻種犬につきましては、航空輸送時の環境の変化を受けやすく、体調に変調をきたすおそれがあることがわかりました。つきましては、ペットを安全にお預かりするという観点から、下記短吻種犬のお預かりをお断りしております。あらかじめご了承ください。

[対象となる犬種]
パグ、シーズ-、ボストン・テリア、ペキニーズ、チン、ボクサー、ブルドッグ、チベタン・スパニエルなどの短吻種犬

ペットケージの利用について

犬・猫等は、原則的に1つのペットケージに1匹ずつお預けください。小鳥等は1つのペットケージにつき1種類2羽程度(大サイズのペットケージに収容できる程度内)となります。
ペットケージのサイズは、お客様自身でお持ちいただくもの、貸出したものにかかわらず、51cm×69cm×48cmまでとさせていただきます。このサイズに入らない大型犬などはお預かりできませんので、ご了承ください。

ペット料金

全路線 一律5,000円 (1区間1ケージにつき)
貸出しペットケージ-無料
  • ペットとケージの重さの合計32kgまでお預かりできます。
    貸出用ペットケージは3種類のサイズをご用意しております。なお、数に限りがあるため、ご希望に添えない場合がございます。
  • 小: 31cm×47cm×25cm / ケージ重量 1.5kg
  • 中: 42cm×53cm×40cm / ケージ重量 2.5kg
  • 大: 51cm×69cm×48cm / ケージ重量 5.5kg

お手続きの流れ

①事前準備

ペットをお預けのお客様は同意書の提出が必要です。

ペットをお預けのお客様は同意書の提出が必要です。
事前に同意書の内容をご確認いただき、必要事項をご記入の上、空港にお持ちください。

  • ペットのお預かりについて事前のご連絡は不要です。

②搭乗日当日

搭乗便出発時刻の30分前までに、カウンターにてお手続きをお済ませください。

事前にご用意いただいた同意書の提出と、ペット料金のお支払をお願いいたします。

  • お手続きに時間を要する場合がございますので、時間に余裕をもってお預けください。

③空港でのお預け・お引き取りについて

空港のカウンターでお預りした後は、空調のある飛行機の貨物室にお乗せします。到着空港では、係員がペットをお運びし、直接お客様に手渡しでお返しします。ペットをお預けのお客様は、到着後、到着ロビーの係員までお申し出ください。

LCC

ジェットスター、ピーチ・アビエーション等のLCCでは現在ペットのお預けを行う事はできないようです。

※詳しくは各社のサイトをご覧ください

最後に

いかがでしたでしょうか?

ペットと飛行機を活用してお出かけする事は可能ですが、準備する書類など航空各社によって違ってきますので、事前に確認した上で旅行の計画を立てて頂ければと思います。

それでは、ペットとの旅行を楽しんでください。

GoToトラベルでお得に旅行をする>>

執筆:equall編集部

 あなたにオススメ