ボルゾイの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

ボルゾイとは

とても高貴で貫録があり、繊細な被毛を持つボルゾイ。背丈の高さと細く長い足が特徴で走行時の速度は50km/h に届くほどです。優美な外見の印象とは異なり元来は オオカミ狩りの猟犬としてロシア帝国の貴族に飼われていた歴史もあります。犬界の貴族とも称されるボルゾイの魅力に注目してみましょう。

ボルゾイの特徴

馬の様な犬といわれるボルゾイは背が高く、細く長い足を持ち、俊敏な動きが特徴的です。

性格は

  • 冷静沈着
  • シャイ
  • 判断力に優れ、自我を通す
  • 飼い主に忠実
  • 聡明

ボルゾイはしつけが入りにくい、指示に従わないと悪評がたつことも珍しくありません。実はこの評価は完全な誤解で、ボルゾイはとても聡明な犬種です。聡明ゆえに状況判断は自分の基準で行い、無条件に飼い主の指示に従わないことも多々あります。

ただ大型犬ゆえに日常的なしつけは欠かせません。周囲に迷惑や不安を与えないためにも専門家の指導の下十分なしつけ、訓練を施しましょう。

信頼を寄せる飼い主には忠実ですが、トリマーや獣医師など自分に不快な行為を施すと感じる相手には強い態度で臨むことがあります。威嚇や噛みつきの仕草を見せることもあるので、生後間もないうちから社会性を習得する訓練が必要です。

ボルゾイは貴族に愛された歴史もあるほどにプライドが高いタイプです。相手に屈することや甘えることをせず、独立心の強さが溢れています。家族に迎える際はボルゾイ本来の気質を十分に理解しておきましょう。

サイズ・毛色・体重など

JKCの定めるボルゾイのサイズ基準は

牡:75~85cm 牝:68~78cm
牡においては、体高は尻の最高点から地面までの長さと等しいか、それより僅かに高い。牝においては、これらの体高は等しい。上限を越えている犬も、本犬種のよいタイプであれば、許容されると定められています。

毛色は ブルーとブラウン(チョコレート)とこの色調の毛色を除いた、あらゆる毛色の組み合わせが許容され ています。日本では白やクリーム色の毛色が多い淡い色調の毛色が人気です。

ボルゾイの歴史

ロシア原産でロシア帝国の貴族に愛されていた歴史を持つボルゾイは、 ロシア革命後に貴族の象徴として民衆に多数の個体が虐殺された 歴史ももっています。

ボルゾイは一時期飼育頭数が激減したものの、革命以前に海外に進呈されていた個体をもとに繁殖は続き、その後様々な団体から犬種認定を受けています。

日本では1990年代のバブル期に特有の優雅さから注目度が高まり、富裕層を中心に人気を集めました。現在ではペットとしての飼育頭数は減少しているものの、熱心なファンは多くドッグショーでは抜群の存在感を放っています。

ボルゾイの飼育頭数

JKCの統計によるボルゾイの飼育頭数は

年度飼育頭数ランキング
201922744位
201828539位
201732939位
201635738位

大型犬ゆえに人気はごく一部の愛犬家に支えられています。大変高貴は雰囲気と活発で聡明な性格から落ち着いた生活ができる環境に向いています。

ボルゾイの年間飼育費用

実際にボルゾイと暮らす場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

一か月(単位:円)一年 (単位: 円)
ドッグフード5,00060,000
トイレ用品1,00012,000
トリミング12,000144,000
ペットホテル30,000
ペット用品2,00024,000
医療費30,000
合計20,000300,000

※医療費(混合ワクチン、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

※算出方法は、コチラをご覧ください。

やや気難しい面があり毎日の食事も偏食、少食なことがあります。食事は良質な素材で作られ、栄養バランスが整ったものに限定し与えましょう。

被毛の量は少なく短いものの、抜け毛は多く柔らかい毛質は丁寧なブラッシングが欠かせません。家族以外には過度な警戒心を見せる場合が多いので、子犬のうちからトリミングやペットホテルを積極的に利用し家族以外の人間にも慣らしてゆきましょう。

ボルゾイのケア

ボルゾイとの暮らしで習慣化すべきお手入れは

【毎日】

〇歯磨き、デンタルケア

歯ブラシ、飲み水に混ぜるタイプ、歯に塗るジェルタイプなど様々な製品があります。愛犬の性格や口内の状況、使い勝手の良さで選びましょう。

健康な状態の歯は白く、艶があります。歯の根元や表面が茶色や緑に変色している場合は、早急に動物病院を受診しましょう。

【2、3日に一度】

〇ブラッシング

〇耳掃除

垂れた耳は通気性が悪く、内部で雑菌の繁殖が進みがちです。数日おきの拭き掃除で、耳内部を清潔に保ちましょう。

臭いや汚れは外耳炎のサインです。症状がある場合は早めに動物病院の受診を。

【月に一度】

〇爪切り

〇肛門腺しぼり

〇シャンプー

シャンプーは月に1度が目安です。シャンプー後は全身の水分をしっかりと取り除いてあげましょう。

ボルゾイのまとめ

ボルゾイはその外見の印象のままで高貴で芯が強く、聡明な犬種です。大型犬特有の無条件の社交性や愛嬌はありませんが、大人同士の付き合いができる犬ではあります。家族に迎える際はボルゾイが本来の素質を活かし過ごせる環境を整えておきましょう。

執筆 :ライター 大谷

 あなたにオススメ