【しつけ】子犬を迎えて最初にやるのはこれだけで十分!

子犬を迎えて最初にやること

【子犬を迎えて最初にやることは?】

前回『子犬の甘噛み対策』という動画をアップしましたが、視聴者の中には「あれ?甘噛対策と一緒じゃない?」と思われた方もいると思います。 そうです、同じです。つまり子犬に関するしつけの悩み(トイレ以外)はこの『包み込む抱っこ』でほぼ対応出来ます。 飼い主さんの愛情や優しさを伝える、人を噛んではいけないことを伝える、お手入れが出来るようになる、テンションをコントロールする。 全てこの『包み込む抱っこ』で教える事が出来ます。 なので、子犬を迎えた方は子犬に色々と教える前に、まずはこの『包み込む抱っこ』を練習してください。

【テンションが高くなかなか落ち着かないコは?】

ワンちゃんのテンションは飼い主さんがコントロールする事が出来ます。 以前、【愛犬の褒め方を極めよう】という動画をアップにしたのですが、愛犬の褒め方には2種類あります。 愛犬の体をポンポンと叩いたり、毛並みに逆らってワシャワシャと激しく撫でると愛犬のテンションは上がります。 逆に、愛犬の体を毛並みに沿ってゆっくりと撫で下ろすとテンションが下がります。 なので『包み込む抱っこ』をしたら愛犬の体を毛並みに沿ってゆっくりと撫で下ろしてください。この時の飼い主さんの声がけも優しく囁くように。 ワンちゃんは飼い主さんのテンションに合わせますので飼い主さんのテンションが高いと愛犬のテンションも高いままになってしまいます。

【オヤツは使った方がいいの?】

最初の段階でオヤツは使わないほうが良いです。 オヤツを使うメリットとしては即効性です。 あっという間にオヤツの虜になり、オヤツのために覚えも早くなります。 反面、デメリットとしてはオヤツに依存してしまうということです。 「オヤツがないと言うことを聞いてくれない」、「オヤツを持っている人の言うことだけしか聞かない」 と言った悩みを持つ飼い主さんは非常に多いです。 そうするとオヤツが常に手元にないと飼い主さんの方が不安になってしまい、犬だけでなく『飼い主さんのオヤツ依存』にも繋がってしまいます。 本来であれば愛犬の一番の喜びは飼い主さんから褒められることであり、飼い主さんが一緒にいることなのですが、オヤツに頼りすぎてしまうと、飼い主よりもオヤツをくれる人であれば誰でも良いという打算的な愛犬に育ってしまう可能性もあります。 また、食べ物に執着しやすくなるので拾い食いをしやすくなる原因にもなります。

【オヤツを使えない場面はあるの?】

オヤツに頼りすぎるデメリットは他にもあります。 現在多くのドッグランでは、犬同士のトラブルを避けるためにドッグランの中では食べ物を与えてはいけないというルールが設けられています。 もし、オヤツがないと飼い主さんの元へ戻ってこないワンちゃんは、飼い主さんが帰ろうと呼びかけても思っても呼び戻すことが出来ません。 散歩中、首輪が抜けてしまったりリードが離れてしまった時に、とっさに愛犬を呼び戻さなければいけない状況でオヤツを出している暇はありません。 万が一、震災などで避難所に避難することになった場合でも、いつも普段のオヤツを持って避難所に行けるとは限りません。 このように、オヤツに頼りすぎてしまうと、いざという時に使えずに困る事も多くなってしまいます。

【愛犬へのご褒美は?】

どうしてもオヤツを与えたい場合は、あくまでも飼い主さんのご褒美のついでとして与えるようにしましょう。 愛犬への最大のご褒美は、飼い主さんから撫でてもらえる手であり、褒めてもらえる時の優しい声と笑顔です。 「オヤツなんかに私の愛情が負けるはずがない!という自信を持って愛犬を褒めてあげてください。

動画を視聴する


 

チャンネルについて

株式会社withdog.jp代表取締役の今村真也です。

全国のわんちゃんの飼い主様に、今よりももっと愛犬の事を理解出来るようになり、愛犬の事がもっと好きになれるような情報を発信していきます。

ぜひチャンネル登録&ご視聴宜しくお願い致します。

相談・リクエストができる

本動画では、ワンちゃんをメインに配信を予定しており、飼育者の皆様からの相談や「こんな動画を作ってほしい」というリクエストを受け付けております。

ぜひお悩みがある方は、Youtubeへコメントください!

今村 真也のプロフィールはコチラをご覧ください。

 

提供:(株)withdog.jp / 協力:(株) equall

 あなたにオススメ