ペットの支出に関する調査~ 年間のペット関連支出4人に1人増加、主な要因は「病気やケガの診療費」~

ペットの支出に関する調査

アイペット損害保険株式会社が、犬・猫(以下、ペット)飼育者の1,025名を対象に、ペットの支出に関するアンケート調査を実施した結果、2019年と2018年の年間ペット関連支出を比較すると「変わらない」と回答する犬飼育者が7割超を占める中、約4人に1人のペット飼育者は年間支出が「増えた」と回答し、ペット飼育者の支出に関する不安は主に「病気やケガの診療費」であることが改めてわかる結果となりました。

調査結果概要

【調査結果概要】
●2019年ペット関連支出、犬飼育者「5万円以上~10万円未満」、猫飼育者「5万円未満」最多
●2019年ペット関連支出、7割超が「変わらない」だが、約4人に1人は「増えた」と回答
●ペット関連支出が増えた要因のトップは「病気やケガの診療費」
●ペット関連支出が「増えた」と回答した人の支出増額は1万円以上~3万円未満が最多
●ペット関連支出の中で「支出額が大きい」と思うもののトップは、犬・猫飼育者ともに「病気やケガの診療費」、第2位は「予防」の犬飼育者と「食」の猫飼育者と支出傾向の違いが出る結果に
●ペットの老後、懸念事項トップは「病気やケガの診療費」
●消費税増税にペット飼育者動じず。約80%が増税前に買いそろえたペット用品「なし」と回答

■参考サイト
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000046213.html

 

LINEで最新情報GET

執筆:equall編集部

 あなたにオススメ
今後の更新をお楽しみに!