デボンレックスの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

デボンレックス とは

スマートな体形と大きな頭部、さらに縮れた被毛と様々な特徴を持つデボンレックス。実は猫界のプードルともいわれています。今回は世界的にも大変希少なデボンレックスの魅力に注目してみましょう。

デボンレックス の特徴

デボンレックスは1960年代にイギリスのデボン川周辺で偶然存在が確認されたことからのこの名前が付けられました。

この猫は一般的な猫と異なる点が多く、突然変異種の1種と考えられています。

大変小柄で特徴的な顔だちと大きな耳、縮れた被毛から「プードルキャット」や「妖精猫」などと呼ばれています。

性格は

  • 好奇心旺盛
  • 活発
  • 甘えん坊
  • さみしがりや
  • 留守番などは苦手

鳴き声は小さいものの、とてもよく鳴くこともこの猫の特徴の1つです。

抜け毛の少ないプードル同様に抜け毛が少ないといわれることもありますが、実際は他猫同様に相当な抜け毛があります。

サイズ・毛色・体重など

デボンレックスは妖精という呼び名にふさわしくとても小柄な猫です。

体重は2,3㎏が目安です。被毛は短く縮れています。デボンレックスの輩出の歴史の中でペルシャを交配がされた時期もあり、ごくまれに長毛のデボンレックスが誕生することもあります。

毛色は ホワイト、ブルー、ブラック、レッドやそのタビー、トーティなどあらゆる毛色が公認されます 。

デボンレックス の歴史

デボンレックスは1960年代の偶然発見された1匹の猫を始まりに、人為的な交配や血統の確立がされたことから明確な記録が残されています。

突然変異であった最初の1匹はオス猫でしたが、この猫を親に持ち誕生した子猫にも同じ特徴が表れたことでさらに交配が繰り返されます。

血統の確立までに様々な猫種の血統を取り込んだことで、毛色のバリエーションも豊富です。

日本でもここ数年の猫ブームの中で飼育頭数は増加傾向にありますが、ペットショップなどで偶然見かけることはないほどに希少です。

デボンレックス の飼育頭数

アニコムの統計による デボンレックス  の飼育頭数は

※飼育頭数、順位は「アニコム 家庭どうぶつ白書」参照

年度飼育頭数ランキング
2019 ランキング圏外
2018 ランキング圏外
2017ランキング圏外
2016ランキング圏外

SNSやメディアを通じてたびたび注目を集める猫種ですが、その頭数はとても少なく世界的にみても希少な猫です。

日本でも徐々に頭数は増加していますが、希少種ゆえの課題も多いことを理解しておきましょう。

デボンレックス の年間飼育費用

実際に デボンレックス  と暮らす場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

一か月(単位:円)一年 (単位: 円)
キャットフード3,00036,000
トイレ用品1,00012,000
ペットホテル30,000
ペット用品2,00024,000
医療費30,000
合計6,000132,000

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

※医療費(混合ワクチン、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※算出方法は、コチラをご覧ください。

大変小柄な体形に大きな耳、うるんだ瞳とかわいらしさ満点の猫種ですが、元祖となった猫が突然変異種であったこと、血統の確立までに近親交配が盛んにおこなわれていたことから、現在も先天性疾患がたびたび見られます。代表的な症状は 皮膚や神経、血液や心臓、関節などに発生する遺伝性疾患多くてんかんや失神、肥大型心筋症、肘やひざの形成不全による脱臼などにつながります。

家族に迎える際は、将来の医療費の工面について十分に検討をしましょう。

デボンレックス のケア

デボンレックス  との暮らしで習慣化すべきお手入れは

【毎日】

〇歯磨き、デンタルケア

デンタルケア製品は、飲み水に混ぜるタイプ、歯に塗るジェルタイプなど様々な製品があります。ウエットフードを主食とする場合や頻繁に与える機会が多い場合、加齢とともに歯垢や歯石の付着が目立つようになります。口内トラブルは激しい痛みを伴い、絶食に至る場合もあるので、日ごろからのケアが効果的です。

【月に一度】

〇爪切り

爪を定期的に切ることで、室内での爪とぎ軽減につながります。ただ中には爪切りを過度に嫌がる猫もいるので、無理強いは危険です。

【週に数回、季節や体調に応じて】

週に数回を目安にスリッカーで被毛の根元からブラッシングをしましょう。ブラッシングの際は、市販のブラッシングスプレーを利用すると、静電気を予防し、スムーズに櫛を通すことができます。

デボンレックス のまとめ

絵本に登場するような外見を持つとての小さな猫です。愛らしさの反面で健康面のトラブルも多く、猫との暮らし上級者向けの猫です。

執筆 :ライター 大谷

 あなたにオススメ