ミニチュア・ピンシャーの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

ミニチュア・ピンシャーとは

小さな体ながらも精悍な顔立ちと鋭い眼差しが印象的なミニチュア・ピンシャー。ドーベルマンのミニチュア版といわれる通り全く同じ毛色をしていることも印象的です。活発で知的、好奇心旺盛なミニチュア・ピンシャーの魅力に注目してみましょう。

ミニチュア・ピンシャーの特徴

体は小さいものの、内面はドーベルマンをそのまま受け継いだようだとも言われるほどに勇敢で忠実な犬種です。自分よりも何倍も大きな相手にも勇猛果敢に立ち向かい、時には身を挺して家族を守ろうとします。

持ち前の知能の高さから言語の理解度が高く、家族と高度なコミュニケーションをとることができます。家族にまっすぐ向けられる愛情あふれる眼差しから全幅の信頼を実感できるとミニチュア・ピンシャーの健気さに魅了される方が大勢います。

性格は

  • 好奇心旺盛
  • 勇敢
  • 負けず嫌い
  • 自己主張がはっきりしている
  • 家族に忠実
  • 家族と他人とを明確に区別する

小型犬特有の八方美人的な愛想の良さはなく、常に家族を意識するタイプです。好奇心旺盛で知能も高いので、犬同士の単純なじゃれ合い遊びよりも家族との高度な遊びを好みます。室内ではトレーニング要素のある遊びや知育玩具、屋外ではトレッキングやスポーツなどがオススメです。

ただし持ち前の気の強さから無駄吠え癖が付きやすいので、生後間もないうちから積極的に屋外に連れ出し家族以外の人間、他犬、生活音に慣れるよう社会化トレーニングを重ねましょう。

運動は

運動神経抜群、活発、俊敏な動きが得意な犬種なので日常的に十分な量、時間の運動が欠かせません。運動不足はストレスの原因になるので、散歩に加えドッグランへのお出かけも定期的に計画しましょう。

サイズ・毛色・体重など

JKCの定めるミニチュア・ピンシャーのサイズと毛色の基準は

  • 体高 牡及び牝:25~30cmを理想とする。
  • 体重 牡及び牝:4~6kg

毛色は

  • 単色:ディアー・レッド、レディッシュ・ブラウンからダーク・レッド・ブラウンまで。
  • ブラック&タン:レッド又はブラウンの斑のあるラッカー・ブラック(黒漆色)。斑はできるだけ濃く鮮明ではっきりとしているのが良い。斑は以下のように分布する:目の上、喉の下側、パスターン、足、後脚の内側及び尾の付け根下。胸には 2つの規則正しい明確に分かれた三角形がある。
  • チョコレート&タン:タンの部分についてはブラック&タンに準じる。

ミニチュア・ピンシャーはスマートな体形と細く長い脚が特徴的です。生後3か月ごろまでは大人の手のひらに乗るほどに小さく、繊細です。

成長後も活発で恐れ知らずな性格から、高い場所から飛び降りたり、階段を駆け下りることもありますが、骨格が華奢なことを常に意識し生活環境への注意や工夫が必要です。

ミニチュア・ピンシャーの歴史

ミニチュア・ピンシャーがドイツ原産の犬種で、ドイツではよく似た毛色を持つ犬種が多数認定されています。

ミニチュア・ピンシャーは 1925年のドイツのスタッド・ブックでは1300頭もの登録が残されています。

日本では1990年代後半に起きたチワワを主役とする小型犬ブームの際にペットショップの店頭に登場し、一躍注目を集めました。当時は小型犬といえばチワワなど愛らしさをセールスポイントとする犬種ばかりだったので、精悍さをセールスポイントとするミニチュア・ピンシャーの存在は大変なインパクトがありました。

当時は男性を中心にミニチュア・ピンシャーに人気が集まり、男性が連れ歩きやすい犬種としてアピールされていました。

現在も小型犬の中でトップクラスの人気ぶりですが、持ち前の勝気な性格から犬の飼育未経験な方には不向きとされ、飼育やしつけにある程度の経験がある方向けの犬種とされています。

ミニチュア・ピンシャーの飼育頭数

JKCの統計によるミニチュア・ピンシャーの飼育頭数は

年度飼育頭数ランキング
20193,09819位
20183,46917位
20173,38818位
20163,58318位

マンション暮らしにちょうどいいサイズの小型犬ということで、都心部を中心に人気があります。

ただ小柄な体形ゆえに出産頭数は少なく、ペットショップの店頭に常に並ぶ犬種ではありません。生後数か月は少食で体調も不安定になりがちです。子犬を家族に迎える場合は、日中もこまめにケアができる環境を整えておきましょう。

ミニチュア・ピンシャーの年間飼育費用

実際にミニチュア・ピンシャーと暮らす場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

一か月(単位:円)一年 (単位: 円)
ドッグフード2,00024,000
トイレ用品1,00012,000
トリミング
ペットホテル30,000
ペット用品2,00024,000
医療費30,000
合計5,000120,000

※医療費(混合ワクチン、狂犬病予防接種、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

※算出方法は、コチラをご覧ください。

ミニチュア・ピンシャーの一か月のドッグフード消費量は1,2kgほどです。食欲旺盛で食べ物への執着も強い犬種ですが、特有の骨格故に肥満は厳禁です。

ドッグフードは良質で栄養バランスが整っている高品質な製品を選びましょう。

お手入れは自宅で十分可能ですが、爪切りを嫌がる場合が多いのもこの犬種の特徴です。無理強いをすると噛み癖に悪化する可能性があるので、苦手な場合はトリミングショップや動物病院を利用しましょう。

ミニチュア・ピンシャーのケア

ミニチュア・ピンシャーとの暮らしで習慣化すべきお手入れは

【毎日】

〇歯磨き、デンタルケア

歯ブラシ、飲み水に混ぜるタイプ、歯に塗るジェルタイプなど様々な製品があります。愛犬の性格や口内の状況、使い勝手の良さで選びましょう。

健康な状態の歯は白く、艶があります。歯の根元や表面が茶色や緑に変色している場合は、早急に動物病院を受診しましょう。

【2、3日に一度】

〇耳掃除

垂れた耳は通気性が悪く、内部で雑菌の繁殖が進みがちです。数日おきの拭き掃除で、耳内部を清潔に保ちましょう。

臭いや汚れは外耳炎のサインです。症状がある場合は早めに動物病院の受診を。

【月に一度】

〇爪切り

〇肛門腺しぼり

〇シャンプー

シャンプーは月に1度が目安です。シャンプー後は全身の水分をしっかりと取り除いてあげましょう。

ミニチュア・ピンシャーは短毛種ですが抜け毛はあります。抜け毛が気になる場合は、シャンプーの回数を増やすのではなくグローブ型ブラシやラバーブラシを使うとスッキリと抜け毛を取り除くことができます。

ミニチュア・ピンシャーのまとめ

精悍な外見と忠実な性格、高いコミュニケーション能力を持ち合わせたミニチュア・ピンシャーはまさに「相棒」と呼べる存在です。いつでも、どこでも一緒に外出を楽しめるように社会化トレーニングを積極的に行いましょう。

執筆 :ライター 大谷

プレミアムフードピュリナ ワン ドッグ

 あなたにオススメ