ポメラニアンの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

ポメラニアンとは?

ふわふわとしたシルエットと黒く真ん丸な瞳で人気のポメラニアン。愛玩犬として長年愛され続け、中には数世代にわたってポメラニアンと暮らしているという方もいます。最近はカラーバリエーションも増え、ますます人気が高まっています。ポメラニアンの人気の理由に注目してゆきましょう。

ポメラニアンの特徴

ポメラニアンは元来の愛玩犬です。日本で人気のある小型犬の多くは、元来は猟犬種であることが大半です。そのため運動量が多い、無駄吠えが多い、しつけが大変といった声がたびたびあがります。

しかし、ポメラニアンは富裕層の寵愛を受けることを前提に輩出された犬種であるため、家庭犬としての生活にスムーズになじむことができます。

活発な性格ではあるものの、運動量はさほど多く必要としません。抱き上げるにもちょうどいいサイズです。

ボリュームのある被毛は、まるでぬいぐるみのような印象を与え、可愛らしい印象をより引き立てています。

サイズ・毛色・体重など

ポメラニアンは、サイズや毛質は一種類のみです。

JKCの定めるサイズ基準は

  • 体高 20cm±2cm
  • 体重サイズに相応しい体重でなければならない。1.8~2.3kgを理想とする

毛色は、

ブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、オレンジ・セーブル、ウルフ・セーブル、ビーバー、ブルー、ホワイト、パーティ・カラー、ブラック・タン

が認められています。

原産国のドイツでは、オレンジが圧倒的な人気ぶりですが、日本ではホワイトやクリーム色が人気です。ただホワイトやクリーム色は祖先であるスピッツの特質が強くでることがあり、大柄に育つことも珍しくありません。

実はポメラニアンの毛色は数十年前までは、単色のみが認定されていました。しかし最近ではパーティ・カラーという区分で、2色、3色でも血統証が発行されます。

以前は、このような多種の毛色はミスカラーと呼ばれ、ドッグショーの減点対象であったものの、この認定条件の見直しも影響し、現在ではペットにおいては個性的、オリジナリティとして人気を集めています。

ポメラニアンの歴史

ポメラニアンはその外見からもわかるようにスピッツ、その祖先であるサモエドの血統を受け継いでいます。

原産国はドイツです。

犬種の由来は、東欧のポメラニア地方でサモエド系の犬種を小型化したことが始まりといわれています。見た目の愛らしさがきっかけになり、18世紀以降イギリスで愛好され、ビクトリア女王の寵愛を受けたことでも有名です。女王が1891年に開催された第1回クラフト・ショー(現在はイギリス・ケネル・クラブの本部展として世界的に有名)にポメラニアンを出陳し、いずれもクラス1席を獲得したことで、その存在が世界中に知れ渡ることとなりました。

日本では、ハドレー犬舎が長年にわたり優れたポメラニアンの輩出を行っていることも愛好家の間で有名です。

ポメラニアンのブームは、1990年代にスピッツの小型種として大変盛り上がりを見せました。しかし甲高い声質や毛量の多さからお手入れの手間がかかると、ブームは早々に下火になります。

当時は、オレンジと呼ばれる毛色が主流でした。

その後、2000年代の小型犬ブームの中で、新たにクリーム色が登場したことや以前に比べ小型化が進んだこと、被毛を短く切りそろえた柴犬風カットで人気が再度盛り上がります。

最近では、SNSの流行を受け、その可愛らしい見た目から人気犬種の仲間入りを果たしています。

ポメラニアンの飼育頭数

JKCの統計によるプードルの飼育頭数は下記の通りです。
※飼育頭数、順位は4位です

<年度 飼育頭数 飼育頭数順位>

  • 2019年(1月〜12月)18,841頭 4位
  • 2018年(1月〜12月) 19,148頭 4位
  • 2017年(1月~12月) 18,443頭 4位
  • 2016年(1月~12月) 18,221頭 4位

実はポメラニアンの飼育頭数は、この10年ほどで大きな変動がありません。ほぼ横ばいです。

人気犬種に関するアンケートでは常に上位入りするほどの人気ぶりですが、このような結果に至る理由は、ポメラニアンが入手困難といわれる犬種だからです。

ポメラニアンは非常に出産頭数が少なく、一度の出産で一頭のみの誕生ということも珍しくありません。そのため、なかなかペットショップなどで出会うことができず、人気の高まりを受けても急激な飼育頭数の増減にはいたりません。

ポメラニアンの年間飼育費用

実際にポメラニアンと暮らす場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

  • ドッグフード:月間2,000円 / 年間24,000円
  • トイレシーツ:月間1,000円 / 年間12,000円
  • トリミング:月間8,000円 / 年間96,000円
  • ペットホテル:年間30,000円
  • ペット用品:月間2,000円 / 年間24,000円
  • 医療費:年間30,000円
  • 合計:年間216,000円

※医療費(混合ワクチン、狂犬病予防接種、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

定期的なカットを必要としない犬種にも拘わらず、トリミング料金がかさむ点は、この犬種ならではです。ポメラニアンの被毛は2層構造で、下毛は毛量が多く密集しています。抜け毛や被毛の絡まりをほどき、シャンプーをするだけでも相当な手間暇がかかり、トリミング料金も高額になります。

家庭でもお手入れをすることはできますが、生乾きになりやすく、かえって状態が悪化しがちです。

ポメラニアンの骨格は大変華奢で、日常生活において骨折や脱臼をすることも珍しくありません。また先天的に膝蓋骨脱臼を患う確率が高く、医療費がかさむ場合もあります。

食は細く、ドッグフードの消費量は1カ月で1㎏程度とわずかですが、偏食、少食な傾向から手がかかることもあります。

ポメラニアンのケア

ポメラニアンとの暮らしで習慣化すべきお手入れについて。

ポメラニアンとの暮らしで習慣化すべきお手入れは、

【毎日】

  • 歯磨き、デンタルケア

ポメラニアンは、マズルが短く、先天的に歯並びが悪い場合が多々あります。そのうえ、偏食や少食解消のために嗜好性を重視したドッグフード選びによって、加齢とともに口内トラブルが深刻化します。

日頃から、デンタルケアを習慣化し、将来の口内トラブルに備えましょう。

ポメラニアンのデンタルケアは、狭く、密集した歯並びのために歯ブラシやガーゼではなく液体やジェル状のデンタルケア製品が向いています。

【2、3日に一度】

  • ブラッシング

ブラッシングは、ブラッシングスプレー、ピンブラシ、スリッカーブラシなどを用い、2層の被毛の根元まで櫛をいきわたらせます。

抜け毛や汚れは丁寧に取り除き、被毛の通気性を保ちます。

抜け毛や汚れ、毛玉が増えると、皮膚が群れ、皮膚トラブルにつながります。

【月に一度】

  • 爪切り
  • 肛門腺しぼり
  • シャンプーやカット

自宅でシャンプーをする場合は、生乾きにならないようくれぐれも注意しましょう。皮膚や被毛に湿気が残ると、皮膚トラブルや悪臭の原因となります。

また暑さ対策に被毛を短く切りそろえた場合、元の姿に生え揃わないこともあります。生え揃うかどうかは事前に見極めることができません。生え揃わない覚悟で、カットを施しましょう。

ポメラニアンのまとめ

大変愛らしい外見とややわがままな性格が、ポメラニアンの魅力です。性格は活発で社交的なので、犬連れのレジャーやドッグカフェ巡りなどを一緒に楽しむには最適です。また小柄で扱いやすく、運動量が少ないことから、高齢の方のペットとしても人気があります。

 

執筆:ライター 大谷

 あなたにオススメ