災害に備えるペットと防災を解説!知識や準備から必要な防災グッズをご紹介

災害が多い日本において、もし災害が起こりペットと避難が必要になった場合、どのような対応をすれば良いかご存じでしょうか?

今回は、ペットと防災について解説をしていきたいと思います。

ペットと防災

災害が起こってしまった時、飼い主の安全確保も重要ですが、ペットの安全確保に関しての知識も身につけておく必要があります。

十分な水や食料の他、常備薬等も用意し、避難所や避難ルートを確認しておく等、いざというときに慌てないように、ペットに基本的なしつけを行い、日頃からキャリーバックやケージに入ることなど備えるようにしましょう。

避難方法

ペットと一緒に避難ができる場所は、明確ではなく、避難所マップは存在しません。
避難する場所避難所等においては、自治体の指示に従い行動を行うようにしましょう。

災害への備え

現在居住している地域で指定されている避難場所をあらかじめ探しておくこと、ペットとの避難ルートを確かめておくこと、ペットのしつけを日頃から行う事は、最低限実施しておきましょう。

飼育環境を再点検

ペットが普段生活している場所やケージ、ベッドなどの位置や固定、補強を行いましょう。
家具や家電は地震で倒れないように固定すること、ガラスが飛び散っても大丈夫な保護フィルムを貼るなど自宅の細部まで確認しましょう。

ルールを統一

災害が起こってしまった時に、どのように避難するか、誰が何を行うか等のルールを定めておきましょう。
また、留守中に災害が起こったときの対処方法も決めておくとよいです。

迷子札やマイクロチップの装着

災害時にペットと離れてしまう可能性もあります。
ペットが保護されても飼い主が分からないというケースがあるので、迷子札やマイクロチップを日頃から装着する事で、身分の証明が可能となります。

マイクロチップは6月から義務化されますが現在飼育されているペットは対象になりません。
まだマイクロチップを装着していない場合は、これを機に検討してみて下さい。

避難用品・防災グッズの準備

ペットと避難する際に必要な避難用品と防災グッズは、日頃から準備をしておきましょう。
東京都では、最低でも3日分、できれば5日分を目安にペットの防災用品を備蓄を推奨しております。

避難用品

  • ペット用の薬
  • 療法食
  • ペットフード
  • 首輪とリード 
  • フードボウル
  • ペットシーツ(猫砂)
  • ウンチ袋
  • タオルやブラシ
  • おもちゃ
    など

証明書等

  • 飼い主の連絡先
  • ペットの写真
  • マイクロチップの装着
  • ワクチンや狂犬病の証明書
  • 動物病院の連絡先
    など

ペット用防災グッズ

ペットウォーターボトル

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

おでかけマナーカプセル

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

うんちが臭わない袋

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

エチケット袋

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

光る首輪

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

ペット用カート

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

ペット用リュック

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

ペットの天然水

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

ペットシーツ

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

GoPro

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

AirTag

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

猫砂

 

Amazonで見る

 

楽天市場で見る

 

人用の防災グッズ

避難所・避難場所での注意

避難所では動物が苦手な方やアレルギーを持っている方もおりますので、配慮が必要です。

避難所での生活はペットにとっても大きなストレスとなりますので、体調の管理を怠らないようにしましょう。

夏場に車に避難する時は、熱中症に気をつけましょう。温度が上がりすぎると体調を壊す原因となります。車内温度は必ず確認をして下さい。

また、ペットがパニックにならないように日頃から車に慣らしておくことも重要です。

ペットに関する東京都の災害対応

これまでに伊豆大島噴火災害、三宅島噴火災害などを経験した東京都では、ペットの同行避難を前提とした方針の下、関係機関等との連携を強化し、動物救護体制の整備に向けた取組を進めています。

災害時の動物救護体制

※避難所の設置、管理は区市町村で行っておりますので、避難所での同行避難の対応については、お住まいの区市町村にお問い合わせください

災害時における動物愛護管理対応マニュアル

東京都では、東京都地域防災計画で示された危険動物の逸走時対策及び動物救護対策について、「都民の安全確保」、「被災動物の保護」、「人と動物の生活環境の整備」の観点から、都や区市町村の具体的な活動内容についてとりまとめたマニュアルを平成24年度に策定。

令和元年10月の台風19号における区市町村の対応状況を踏まえ、新たに風水害時を想定した具体的な対応策等をマニュアルに盛り込み、改訂。

災害時における動物愛護管理対応マニュアル>>

自助と公助とは

災害発生時に求められる対応として、自らが自身・財産を守る「自助」、地域の人と人との助け合いである「共助」、そして公的機関による市民の安全確保「公助」があります。

災害発生時、公的な支援が被災地域に十分に行き届くまでには時間がかかります。その際求められるのは、「自助」「共助」であり、これは動物愛護においても同じです。

災害時には、人だけでなく動物も被災します。ペットを守るのは飼い主であることを再認識して、災害が起こったら、まずは自分と身近な人の安全を確保してください。

そしてペットの安全確保が行えるよう、日ごろからの備え(ワクチネーション、クレートトレーニング等のしつけ、必要なフード等の確保、一時預かり先の確保等)をしておきましょう。

ペットの防災リーフレットはこちら>>

東日本大震災における東京都の動物救護活動

都開設避難所での対応

東京都は都内の4施設(東京武道館、味の素スタジアム、東京ビッグサイト、旧グランドプリンスホテル赤坂)に避難所を開設し、被災者が同行避難したペットについても受入れを行いました。
また、ケージやフードなどの配布・貸出しにより飼い主を支援しました。

避難所内の動物飼養場所の確保については、動物を連れていない避難者の方にも配慮し、人の居住空間との距離や動線の隔離に努めました。

福島県における動物救護活動支援

東京都は環境省及び福島県からの要請を受け、福島県内の警戒区域等における犬猫の保護活動を支援するため、関係職員の派遣を行いました。

≪派遣状況≫
動物保護班 8班26名
※第1陣は、平成23年5月21日から派遣

東日本大震災東京都動物救援センターの設置

平成23年7月25日、社団法人東京都家庭動物愛護協会、公益社団法人東京都獣医師会、公益財団法人日本動物愛護協会、公益社団法人日本動物福祉協会、公益社団法人日本愛玩動物協会で構成される「東日本大震災東京都動物救援本部」が設置されました。

東京都は東京緊急対策2011に基づき、同本部と協定を締結し、都内に避難した被災者の同行動物等について、同本部が救援活動を行う施設として「東日本大震災東京都動物救援センター」を開設しました。(開設期間:平成23年10月11日~平成24年9月末日)
※「東日本大震災東京都動物救援本部」は平成25年9月に活動を終了し、解散しました。

東日本大震災東京都動物救援本部活動報告書>>

参考:環境省「ペットの災害対策
参考:東京都福祉保健局「ペットの防災

執筆:equall編集部

 

 あなたにオススメ