ダックスフントの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

ダックスフントとは?

人気犬種ランキングでは、常にトップ3入りするダックス。明るく、活発で、時々見せる甘えん坊な表情に夢中という方も多いでしょう。ダックスは小柄な体形ながらも、猟犬としての気質が強く残っています。共に暮らすには、十分なしつけとストレス予防のための運動を心掛けましょう。

ダックスフントの特徴

ダックスはドイツを原産とする犬種で、アナグマやうさぎ、テンなどの狩猟で活躍していた歴史があります。

短い足、長い胴体は、細く狭い穴倉に獲物を追いかけ入り込むのに適しています。

猟犬種であるダックスの特長は、

  • 持久力
  • 知能の高さ
  • 遠くまでよく響く声質

です。これらの特長は、ペットとして暮らすことが当たり前となった今もなお、色濃く受け継がれています。

本来のダックスは、野山を駆け回り、狩猟を仕事とするので、体は引き締まり、筋肉も十分に発達しています。

しかしペットとして暮らすダックスの多くは、運動不足から肥満になり、腰部ヘルニアに悩まされることが多くなっています。

ダックスの健康を維持するには、本来の運動量を消費できるほどに十分な運動と肥満を予防する食事管理の徹底が必須です。

サイズ・毛色・体重など

ダックスと聞くと日本ではミニチュアダックスを思い浮かべる方が大半です。しかし原産国のドイツでは、スタンダードサイズが主流です。ドイツではダックスはごく身近な家庭犬です。

ダックスには様々なサイズ、毛質、毛色があります。

ダックスをJKCの定めるサイズで区分すると、

  • ダックスフンド 胸囲35cmを超える、体重 約9kg

※スタンダードと呼ばれることもあります

  • ミニチュア・ダックスフンド 生後15カ月を経過した時点で測定し胸囲30~35cm
  • カニーンヘン・ダックスフンド 生後15カ月を経過した時点で測定し、胸囲30cm以下

もっとも小さいカニンヘンサイズは、

  • 両親のいずれかがカニンヘンであること
  • 生後15か月以降
  • 胸囲30cm以下

これらすべての条件を満たしたうえで、JKCで所定の手続きを終えると新たな血統症の発行を受けることができます。

生後15か月未満では、ミニチュアダックスに区分された血統証が発行されます。

以下は、カニンヘンの認定には体重の基準がありましたが、現在はありません。

ダックスの毛質は、

  • スムース
  • ロングヘアード
  • ワイヤーヘアード

に区分されます。

ロングヘアードは、豊富な飾り毛が華やかさを演出し、ペットとして最も人気のあるタイプです。スムースヘアードやワイヤーヘアードに比べ、気質が穏やかな点も人気の理由です。

ワイヤーヘアードは、もっとも遅く輩出された毛質です。輩出にあたりテリア犬種の血統を取り入れたといわれています。

性格は頑固で勝気なテリアキャラクターによく似ています。

トリミングは、被毛を引き抜き整える特殊な技法を用いることで、被毛が硬くなり、スチールウール状に仕上がります。

この硬い被毛は、狩猟の場では、木々の枝や岩から体を守る鎧の役割を果たしてくれます。

ダックスの毛色は、

  • レッド
  • ブラック&タン
  • クリーム
  • ブラック&クリーム
  • シルバーダップル
  • チョコレート&タン
  • ブリンドル
  • パイボールド

など様々な毛色があります。上記以外にもJKCにより認定を受けることができる毛色もあります。

ただ一部の毛色は、遺伝的欠陥をもたらす可能性があることから、繁殖に適さないと認定される場合もあります。

ダックスフントの歴史

ダックスはドイツに古くからいる犬種です。血統証認定団体に犬種として登録をされたのは、1888年です。当時は、スタンダードサイズが主流で、同時期に日本でもブームが起こりました。

胴長短足な見た目は、日本犬に比べ大変ユニークでインパクトがあり、当時のブームは相当な盛り上がりを見せました。

しかし日本犬に比べ甲高い声や活発な性格は、当時の日本では飼いにくい、近所迷惑といわれることが多く、ブームは短期間で下火になります。

その後、ミニチュアダックスが登場したことで、再度大きなブームが起こり、日本では1990年代終わりに、東京お台場のペットショップにミニチュアダックスが登場したことで、一躍注目を浴びます。

当時は、ミニチュアダックスを一目見ようと店頭に数時間待ちの行列ができたほどです。

その後、多産型のダックスは多くのブリーダーが繁殖を手掛け、一気に飼育頭数が増加します。

毛色や毛質のバリエーションが豊富なこともあり、多頭飼いをする方も大勢いました。

カニンヘンダックスは、1995年に血統証認定団体で初めて登録をされました。同時期に日本へも輸入され、ミニチュアダックスより小柄なことがうけ、今では日本でも人気を誇っています。

当初は、カニンヘンダックスの認定には体重基準が設けられていました。しかしこの認定取得のために、過度な体重制限を行うケースが問題視され、現在では認定基準が見直されています。

ダックスフントの飼育頭数

JKCの統計によるダックスの飼育頭数は※飼育頭数、順位は全ダックス(スタンダード・ミニチュア・カニンヘン)合計値
※飼育頭数、順位は3位

<年度 飼育頭数 飼育頭数順位>

  • 2019年(1月〜12月) 26,281頭 3位
  • 2018年(1月〜12月) 25,705頭 3位
  • 2017年(1月~12月)25,156頭 3位
  • 2016年(1月~12月) 26,153頭 3位

2019年の統計値によると、2位のチワワの1/2ほどの飼育頭数がダックスの値です。

サイズ別の区分では、

  • カニンヘン6,403頭
  • ミニチュア19,802頭
  • スタンダード76頭

となっています。

ダックスの飼育頭数が最も多かったのは、2003年です。

登録頭数は171,144頭

サイズ別の区分では

  • ミニチュア167,780頭
  • スタンダード300頭
  • カニンヘン3,064頭

当時は2位以下の犬種と倍以上の差がありました。

この頃、レッド、ブラックタンが主流であったミニチュアダックスに、新たにクリーム色が登場し、さらにブームが盛り上がりました。

当時のダックス達が、現在シニア期を迎えているので、飼育頭数は減少したものの、現在も飼育頭数では上位に記録されています。

ダックスフントの年間飼育費用

実際にダックスフントと暮らす場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

  • ドッグフード:月間3,000円 / 年間36,000円
  • トイレシーツ:月間1,000円 / 年間12,000円
  • トリミング:月間4,000円 / 年間48,000円
  • ペットホテル:年間30,000円
  • ペット用品:月間2,000円 / 年間24,000円
  • 医療費:年間30,000円
  • 合計:年間180,000円

※医療費(混合ワクチン、狂犬病予防接種、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

ダックスはシャンプーを自宅で済ませ、トイレは屋外でとしつけることで、飼育費用を節約することができます。飼育費用の負担が少なく、骨格が太く怪我のリスクが少ないことも、この犬種の魅力です。ただ高齢になるとヘルニアを発症するリスクが高くなり、医療費がかさむ場合があります。

ダックスフントのケア

ダックスとの暮らしで習慣化すべきお手入れは

【毎日】

  • 歯磨き、デンタルケア

マズルが長く、口を大きく開けることができるので、歯磨きは歯ブラシや指に巻き付けるガーゼ、液体タイプから選ぶことができます。

高齢になると、口臭、歯石や歯垢に悩まされることが多いので、若く健康なうちからデンタルケアの習慣化が必須です。

【2、3日に一度】

  • 耳掃除

垂れた耳は通気性が悪く、内部で雑菌の繁殖が進みがちです。数日おきの拭き掃除で、耳内部を清潔に保ちましょう。

臭いや汚れは外耳炎のサインです。症状がある場合は早めに動物病院の受診を。

【月に一度】

  • 爪切り
  • 肛門腺しぼり
  • シャンプーやカット
  • 足裏、足回りのカット

これらのお手入れは自宅でも1,2時間程度で終えることができます。足裏の被毛は肉球を覆わない程度に切りそろえておくと安全です。

ダックスフントのまとめ

ユニークな体形と甘えん坊な性格で、幅広い年代の方から人気のダックス。小柄ながらも運動量が多く、活発な犬種です。しつけやお手入れの習慣は子犬の頃から徹底しましょう。

プレミアムペットフード【ピュリナ ワン ドッグ】

 

執筆:ライター 大谷

 あなたにオススメ