知ってもらうことの大切さを伝え続けていく|「たまさんちのホゴイヌ」著者 tamtam

名前:tamtam
「たまさんちのホゴイヌ」著者

Q.現在のお仕事について教えてください。

仕事というわけではないのですが、行き場を失ってしまった犬や猫を個人で保護して、里親さんを探す活動をしています。

Q.ペットに関連するお仕事を始めたきっかけを教えてください 。

幼い頃から犬や猫たちと暮らしてきた私にとって、日本の殺処分の現状は耐え難いものでした。命に向き合うため、少しでも自分にできることを始めようと思ったのがきっかけです。

Q.現在展開しているサービスについてお教えて下さい。

『たまさんちのホゴイヌ』という本を出版させていただきました。保護活動歴10年以上の今までの体験を踏まえ、7つのエピソード、それに伴い7頭の保護犬達のお話を読みやすい漫画として書かせていただきました。
『保護』や『愛護』という言葉が怖い…そんな方にも知っていただけるよう、柔らかい表現で書いてあります。

Q. 今後の展望や将来についてお聞かせください。

日本の犬猫の殺処分率は世界でもトップです。
なんの罪もない子が殺処分されているという現状、きっと多くの方は気づいていて、それでも、怖くて目を向けられない…そんな方が本当に多くいらっしゃいます。
生体販売の実態や、それに伴う犠牲。無責任な飼い主による飼育放棄…テーマにすると、とても重く、辛いものですが、そんな中にも明るく生きているのは当事者である犬や猫です。
彼らの姿を見ていれば、『何かしてあげたい!』と思う方も多いと思うんです。まずは、知ってもらうこと。私は微力ですが、少しでも多くの方に知ってもらうための活動を続けたいと思っております。

Q.最後に、業界のプロとしてペットと生活する上でのアドバイスをお願いします。

犬や猫との暮らしは予想外のことばかり起こります。
『高額な医療費がかかる病気になってしまった』『噛まれないと思っていたけど、噛まれてしまった』『家族が入院や事故でお世話ができなくなった』『アレルギーになってしまった』経済的な面でも、体力的な面でも、精神的な面でも…だからこそ、これから起こりうる問題に対して、起こってからではなく起こる前に『自分ならどうするか?』を一度家族と話し合ってみることをお勧めします。

■プロフィール
名前: tamtam
「たまさんちのホゴイヌ」著者
飼育しているペット :犬と猫
飼育しているペットの 種類:雑種

公式Instagram

 あなたにオススメ