新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について

小池知事が記者会見で発表した「新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について」の詳細が「東京都福祉保健局 」のホームページに掲載されました。

新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するPCR検査で陽性となった方は、感染症指定医療機関等に入院いただくか、症状が軽く入院が必要でない場合でも、周囲への感染防止のために、宿泊施設での滞在・健康観察(宿泊療養)となります。
このため、ご家族等にペットの世話をお願いできない場合などには、知人の方にお預かりいただくか、ペットホテルを利用いただくことなどが必要となります。

ペットを預けるための準備をしておきましょう

入院や宿泊療養となってもご家族等にペットの世話をお願いできない場合には、知人の方にお預けいただくか、ペットホテルをご利用いただくことが必要となります。万が一に備えて、ペットを預けるための準備をしておくことが大切です。

・信頼して預けられる方に相談しておく

ご家族や知人など信頼して預けられる方に連絡し、いざという時に預かっていただけるようお願いをしておきましょう。また、ペットホテルの情報についても事前に確認し、問い合わせ等を行うことを検討してください。

・ペットの性格や飼育上の注意点などの情報をまとめる

ペットを預かっていただく上で必要となる次のような情報を、ノートなどにまとめてお渡しできるようにしておきましょう。
(例)ペットの名前、年齢、性別、不妊去勢手術の有無、マイクロチップ装着、運動習慣、性質(嫌がること、怖がること、好きなこと、喜ぶこと)、健康状態、かかりつけの動物病院、飼育上の注意点など

・飼育に必要な用具の準備・逸走対策をする

リードや遊具、飼い主表示の物品のほか、常備薬や療法食などペットの命や健康に関わるものは最優先で準備しておきましょう。

ペットの受渡しの際は相手の方に感染させないよう注意してください

預かり先の方に自宅までペットを受取りに来てもらう場合は、ペットをケージ等に入れて玄関先に置いてその場を離れた後に、受取る側が置かれた場所に近づくなど、相手との直接の接触を避けるようにしてください。
ペットホテルなどに預ける際には、知人の方などに依頼し、接触を避けてペットを引き渡し、代理でペットホテル等まで送っていただいてください。なお、これまでのところ、ペットから人に新型コロナウイルスが感染した事例は報告されていません。

ペットの預け先が見つからない場合の相談先 専用ダイヤル

電話番号:03-5320-4392(平日:午前10時から午後4時、5月2日から6日:午前10時から午後4時)

・参考情報(東京都獣医師会ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。飼い主のみなさまへ(新型コロナウイルスQ&A)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。あなたが万が一新型コロナウイルス感染症にかかってしまう前にすませておくべきペットを預ける準備のポイント

 

参照:東京都福祉保健局 新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について 

 

LINEで最新情報GET

執筆:equall編集部

 あなたにオススメ