コラットの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

コラットとは

タイの北東部コラット地方に古くから住む美しい銀色の被毛を持つ猫がコラットです。「幸運の猫」とも呼ばれる愛らしい コラットの魅力に注目してみましょう。

コラットの特徴

コラットの持つ美しい被毛は自然発生由来で、人為的作りだされた猫ではありません。1300年代のコラット地方の文献にその存在が記録されており、大変長い歴史をもっています。

コラットの外見、毛色がロシアンブルーととてもよく似ていることから、混同されることもたびたびありますが、コラットの体形は筋肉質で丸みを帯び、骨太で頭部はハート形です。一方のロシアンブルーは、細身でスマート、三角形の小さな頭部が特徴です。毛色以外は大きな違いがあるので見分けも簡単です。

性格は

  • 温厚
  • 落ち着きがある
  • 甘えん坊

攻撃性や野生味は少なく、家猫として家族とのんびりした暮らしに向いています。忍耐強い性格で小さな子供との生活にも無理なく馴染むことができます。

コラットの特徴の1つに発育が他猫に比べ遅く、5年ほどをかけて成熟してゆきます。一般的な猫は1歳を目途に成熟しますがコラットはそうではありません。いつまでも子猫らしさが残るので、甘えん坊で可愛いと感じることが多いでしょう。

サイズ・毛色・体重など

コラットの平均的な体重は メスが3kg〜5kg、オスが4kg〜7kg とロシアンブルーに比べ一回り大柄です。

毛色はシルバーやブルーと呼ばれる一色のみで短毛です。

コラットの歴史

コラットはタイで自然発生した猫でその歴史は大変古く、長い間 「幸福と繁栄の象徴」として大切に扱われていました。

コラットが世界的な注目を浴びるきっかけになったのは1880年代に参加したイギリスの展覧会です。世界的にも珍しい銀色の被毛をもった猫は大変な注目を浴び、その後アメリカにも持ち込まれます。

純血種として認定を受けたのは1965年のアメリカが最初です。

現在は、コラット特有の神経系疾患発症を防ぐために、遺伝子検査や繁殖の管理が国際的に取り組まれています。

コラットの飼育頭数

アニコムの統計によるコラットの飼育頭数は

※飼育頭数、順位は「アニコム 家庭どうぶつ白書」参照

年度飼育頭数ランキング
2020 ランキング圏外
2019 ランキング圏外
2018ランキング圏外
2019ランキング圏外

日本ではこの毛色を持つ猫といえばロシアンブルーが定番で、コラットの飼育頭数はごくわずかです。ロシアンブルーに比べ温厚で甘えん坊なコラットは猫好きの間で注目を浴び、徐々に飼育頭数、知名度共に上昇中です。

コラットの年間飼育費用

実際にコラットと暮らす場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

一か月(単位:円)一年 (単位: 円)
キャットフード3,00036,000
トイレ用品1,00012,000
ペットホテル30,000
ペット用品2,00024,000
医療費30,000
合計6,000132,000

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

※医療費(混合ワクチン、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※算出方法は、コチラをご覧ください。

コラットは遺伝的な疾患を発症する確率が高く、日ごろから定期的な動物病院の受診や健康診断を受けると安心です。病気の早期発見、早期治療のためにかかりつけ医を決め、健康管理を心掛けましょう。

コラットのケア

コラットとの暮らしで習慣化すべきお手入れは

【毎日】

〇歯磨き、デンタルケア

デンタルケア製品は、飲み水に混ぜるタイプ、歯に塗るジェルタイプなど様々な製品があります。ウエットフードを主食とする場合や頻繁に与える機会が多い場合、加齢とともに歯垢や歯石の付着が目立つようになります。口内トラブルは激しい痛みを伴い、絶食に至る場合もあるので、日ごろからのケアが効果的です。

【月に一度】

〇爪切り

爪を定期的に切ることで、室内での爪とぎ軽減につながります。ただ中には爪切りを過度に嫌がる猫もいるので、無理強いは危険です。

【週に数回、季節や体調に応じて】

週に数回を目安にスリッカーで被毛の根元からブラッシングをしましょう。ブラッシングの際は、市販のブラッシングスプレーを利用すると、静電気を予防し、スムーズに櫛を通すことができます。

コラットのまとめ

美しい毛色と温厚な性格で癒し効果抜群のコラット。大柄な体形は抱き心地も抜群で家族の中心的な存在になること間違いなしです。世界中で愛されるコラットはその名の通り幸運の猫といえる特別な存在です。

執筆 :ライター 大谷

おすすめキャットフード50商品>>

おすすめドッグフード50商品>>

 あなたにオススメ