アイリッシュ・セターの基礎知識を学ぼう!飼い方・歴史・飼育費用・ケア方法を解説

アイリッシュ・セター とは

 栗色の美しい被毛が印象的な大型犬がアイリッシュ・セターです。元来は水鳥を追いかける狩猟で活躍した大変活発な犬種です。陽気で明るいアイリッシュ・セターの魅力に注目してみましょう。

アイリッシュ・セター の特徴

世界一美しい毛色を持つといわれるアイリッシュ・セターはいつも明るく陽気でハイテンションです。ただこのハイテンションな振る舞いは時に落ち着きがない、扱いにくいと評されることもあります。

性格は

  • 底抜けに明るくハイテンション
  • 子供や他犬と友好的に遊ぶことができる
  • スポーツやアウトドアが得意
  • ポジティブで叱られても動じない
  • 物覚えが悪い
  • 落ち着きがない

アイリッシュ・セターの賛否両論ある性格の理由はこの犬種が元来担っていた役割が大きく関係しています。温厚で優しい性格のアイリッシュ・セターは狩猟の際に獲物を仕留める役割には適さず、代わりに湖や草むらの中を元気に走り回る役割を担います。元気いっぱいに水辺を走りまわり、水しぶきを上げるので草むらに隠れていた水鳥や小さな獣は驚き羽ばたいたり、その場から逃げ去ろうとします。この後で猟手が仕留めるという手順です。

つまりペットとして飼うにはこの落ち着きがないといわれるアイリッシュ・セターに生活のルールや歩道での歩き方などを教える必要があります。

初めて犬を飼う方はパワフルでハイテンションなアイリッシュ・セターのしつけにてこずるので、必ず専門家の指導を受けましょう。

アイリッシュ・セターの運動量は大変豊富で、飼い主に歩調を合わせ歩く程度では到底足りません。ドッグランなど全力で運動ができる環境を上手に活用しましょう。

サイズ・毛色・体重など

JKCの定める アイリッシュ・セターのサイズ基準は

体高 牡:67cm前後 牝:62cm前後

体重の定めはありませんがメスは25~30㎏前後が目安です。胴体や足が細く長い体形で他大型犬よりも背丈があり大柄な印象を受けます。

肥満になることはほぼありませんが、適度な運動を習慣化し本来の体形維持に努めましょう。

毛色はチェスナットと呼ばれる栗色一色のみです。この毛色はマホガニーレッドと呼ばれることもあります。

被毛は下腹部や四肢、耳の飾り毛が長く伸びるものの、定期的なカットは必要ありません。

アイリッシュ・セター の歴史

アイリッシュ・セターは狩猟が盛んなアイルランドで輩出されました。ヨーロッパには様々な狩猟の場面に応じて輩出された犬種が数多く存在し、アイリッシュ・セターもその中の一種です。

祖先となる犬をさらにハイブリッド化させることで、それぞれの役割を明確化し、分業による狩猟の精度をさらに高めることに貢献しました。

アイリッシュ・セターが純血種として認定を受けたのは1882年のクラブ設立が始まりです。毛色や体形、能力などスタンダードが定められたことで、純血種として確立が進みました。

日本では1990年代の大型犬ブームで注目を浴び、人気のレトリバー種に比べオシャレでスタイリッシュなスタイルから都会派の犬として人気を集めました。

アイリッシュ・セター の飼育頭数

JKCの統計による アイリッシュ・セターの飼育頭数は

年度飼育頭数ランキング
202018647位
201916251位
201812856位
201714953位

アイリッシュ・セターの飼育頭数は1,990年代の大型犬ブームをピークに下降傾向が続いています。大型犬で運動量が多く、飼育上級者向けの犬種故になかなか一般家庭のペットには向かないことが理由です。

ただ温厚で明かるく、美しいアイリッシュ・セターの魅力は多くの愛犬家から羨望の眼差しが向けられ、知名度人気共に高い位置を保っています。

アイリッシュ・セター の年間飼育費用

一か月(単位:円)一年 (単位: 円)
ドッグフード5,00060,000
トイレ用品1,00012,000
トリミング8,00096,000
ペットホテル30,000
ペット用品2,00024,000
医療費40,000
合計16,000262,000

※平均飼育費用であり、与えているフードやホテル・トリミングの利用頻度により個人差があります

※医療費(混合ワクチン、フィラリア予防、ノミダニ予防費用で算出)

※算出方法は、コチラをご覧ください。

アイリッシュ・セターとの暮らしには大型犬ならではの出費がかさみます。ドッグフードは月に10㎏前後が消費量の目安で、健康維持を考え良質で安全性の高い製品を選びましょう。定期的なカットは必要なく自宅でのシャンプーでも十分綺麗な被毛を保つことができます。

アイリッシュ・セター のケア

 アイリッシュ・セターとの暮らしで習慣化すべきお手入れは

【毎日】

〇歯磨き、デンタルケア

歯ブラシ、飲み水に混ぜるタイプ、歯に塗るジェルタイプなど様々な製品があります。愛犬の性格や口内の状況、使い勝手の良さで選びましょう。

健康な状態の歯は白く、艶があります。歯の根元や表面が茶色や緑に変色している場合は、早急に動物病院を受診しましょう。

【2、3日に一度】

〇ブラッシング

〇耳掃除

垂れた耳は通気性が悪く、内部で雑菌の繁殖が進みがちです。数日おきの拭き掃除で、耳内部を清潔に保ちましょう。

臭いや汚れは外耳炎のサインです。症状がある場合は早めに動物病院の受診を。

【月に一度】

〇爪切り

〇肛門腺しぼり

〇シャンプー

シャンプーは月に1度が目安です。シャンプー後は全身の水分をしっかりと取り除いてあげましょう。ピンブラシや獣毛ブラシでこまめにブラッシングをすると被毛に艶が出てアイリッシュ・セターならではの美しい被毛に仕上がります。

アイリッシュ・セター のまとめ

アイリッシュ・セターの毛色は他犬では見られないこの犬種だからこその魅力です。太陽の光を浴び艶のある被毛をなびかせ疾走する姿はまさに世界一美しいという言葉そのものです。

執筆 :ライター 大谷

おすすめキャットフード50商品>>

おすすめドッグフード50商品>>

 あなたにオススメ