20歳以上の男女1,100人対象「コロナ禍におけるペットとのライフスタイルに関する調査」

SBIインシュアランスグループの事業会社6社は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う行動様式・生活の変化を調査するため、各事業会社の特性に合わせたアンケート調査を実施しました。
SBIプリズム少額短期保険株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:髙橋 俊哉、以下「SBI」)では、ペットとのライフスタイルの変化に関するアンケート調査を実施しました。

概要

【調査結果概要】
概要①▶コロナ禍で35%がペットを迎えることを検討、また20%が実際にペットを迎え入れた
コロナ禍の中、既にペットを飼育している人のうち約35%が新たなペットの迎えを検討し、約20%が実際に迎えており、コロナ禍でのペット需要増を確認できる結果となりました。さらに、迎えようと検討したペットの内は、犬(54%)・猫(41%)が大半を占める結果となりました。

概要②▶ペットとの外出は、他のペットや人がいない場所、時間帯を選択。44%がペットとの外出行動に変化があった
コロナ禍におけるペットとの外出時に気を付けている点を調査したところ、「他のペットがいない時間を選ぶ」、「人や動物が多い場所へは行かなくなった」回答が合計で約44%となり、飼い主のライフスタイルにも影響が出ていることがわかりました。

概要③▶ペット用品の購入はネット通販への切り替えが進む
コロナ禍においてペット用品の購入に関して変化があったかを調査したところ、ネット通販での購入へ切り替えが18%となり購買行動にも変化が出ていることがわかりました。

概要④▶約半数がペット保険への加入、または検討を実施
ペット保険の加入状況について調査したところ、約30%が既に加入していると回答し、一般に言われているペット保険普及率約10%を大きく上回る結果となりました。また、加入を検討したことがある人は約15%と回答し、すでに加入されている人と合計して約半数がペット保険へ加入、または検討したとの結果となりました。

▼詳しい調査結果はこちら▼
コチラ

■アンケート回答属性
※本調査結果の百分率表示は小数点第2位で四捨五入を行っているため、合計が100%にならない場合があります。また、複数選択可の設問で得られた回答は、選択肢の合計が100%を超える場合があります。

■調査概要
調査タイトル:コロナ禍におけるペットのライフスタイルの変化について
調査期間:2020年9月11日~9月14日
調査方法:インターネットによる調査
調査対象:20歳以上の男女/ペット飼育者
有効回答数:1,100名

調査結果

 

■テーマ1▶コロナ禍におけるペットの迎え入れについて

コロナ禍において、自宅待機(ステイホーム)の増加と共にペット需要が高まっています。実際に調査をしてみると、既にペットがいる人のうち約35%が新たなペットの迎えを検討し、約20%が実際に迎えていました。迎えたペットの大半は犬、猫が多勢を占めています。

Q1.コロナ禍で自宅待機期間が増え、ペットを新たに迎えようと思いましたか。(n=1100)
・思ったので迎え:19.0%
・検討したが迎えなかった:15.5%
・思わなかった:65.5%

 

Q2.新たに迎えた、または新たに迎えようと検討したペットはどれですか。該当する項目をすべて選んでください。(n=1100)
・犬:54%
・猫:41%
・小動物:19%
 ※うさぎ、フェレット、プレーリードッグ等
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
際にペットを迎えた方の年齢層では男性で20代~30代、女性は20代が多くを占めており、男女ともに若い年齢層で積極的にペットを迎えた事がわかります。
また、その男女年齢層で迎えたペットは男性では犬を、女性は犬に加えて猫を迎える傾向が高く出ていました。

Q3.今回新たにペットを迎えられなかった理由はなんですか。最も当てはまる理由をお選びください。(n=891)
・現在の生活環境では新たに迎えられなかった:46.4%
・経済的な理由で迎えられなかった:13.7%
・譲渡会で迎えようとしたが、譲渡会の開催がなかった:4.3%

新たにペットを迎えられなかった方の主な理由は、「現在の生活環境」「経済的な理由」が大半を占めております。また、動物愛護の観点からか、「ペットを迎えるのであれば、譲渡会で」という方もおり、コロナの影響により譲渡会の開催自体が中止となり、それにより迎えられなかった、と答えられた方も一定数いらっしゃいました。

▼さらに詳しい調査結果はこちら▼
コチラ

equall LIFEでは犬や猫が快適に暮らせる物件やお役立ち情報を紹介していますので、参考にしてみてください。

■関連サイト
参照:JP PET NEWS

 

執筆:equall編集部

 

 あなたにオススメ