【解説】間接狩猟犬について解説します!

間接狩猟犬について解説


前回、直接狩猟犬を紹介したので今回は『間接狩猟犬』を紹介したいと思います。

【間接狩猟犬】

間接狩猟犬とは、猟の補助を目的に作られた犬種です。
猟師が撃ち落とした獲物を回収したり、獲物を巣穴や草むらから追い出すなど猟のサポートを行います。
人と一緒に仕事をすることが前提なので人との協調性を重視して作られました。

【間接狩猟犬に分類される犬種】

代表的な犬種はゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ジャックラッセルテリア、ダックスフンド、ヨークシャーテリアなどです。
レトリバーというのは、「回収する」という意味をもつレトリーブという英語が由来です。
なのでレトリバーと名の付く犬種は、物を加えて持って来ることが好きなコが多いです。
ジャックラッセルテリアはモグラやキツネ、ダックスフンドはアナグマ、ヨークシャーテリアはネズミを駆除するために作られました。

【しつけの注意点】

間接狩猟犬は協調性を重視して作られたため、人懐っこく飼い主さんにも忠実なので初めて犬を迎える方に向いている犬種かもしれません。
ただ、元々は狩猟犬なので時には興奮しやすく警戒心が強い一面も持ち合わせています。
体力もあり非常に活発なため、飼い主さんにもそれを発散させてあげるだけの体力と気力が求められます。
特にジャックラッセルテリアは小さな体にハイパワーエンジンを搭載しているイメージなので、高齢の方がのんびり犬と暮らしたいという場合はあまりオススメ出来ませんが、飼い主さんが運動好きで犬と一緒にランニングをしたいという方や、一緒にアウトドアレジャーを楽しみたいという方にとっては最高のパートナーになってくれるでしょう。 

齢の方がのんびり犬と暮らしたいという場合はあまりオススメ出来ませんが、飼い主さんが運動好きで犬と一緒にランニングをしたいという方や、一緒にアウトドアレジャーを楽しみたいという方にとっては最高のパートナーになってくれるでしょう。

動画を視聴する


チャンネルについて

株式会社withdog.jp代表取締役の今村真也です。

全国のわんちゃんの飼い主様に、今よりももっと愛犬の事を理解出来るようになり、愛犬の事がもっと好きになれるような情報を発信していきます。

ぜひチャンネル登録&ご視聴宜しくお願い致します。

相談・リクエストができる

本動画では、ワンちゃんをメインに配信を予定しており、飼育者の皆様からの相談や「こんな動画を作ってほしい」というリクエストを受け付けております。

ぜひお悩みがある方は、Youtubeへコメントください!

今村 真也のプロフィールはコチラをご覧ください。

 

提供:(株)withdog.jp / 協力:(株) equall

 あなたにオススメ