【トリマーが教える】トリミングする犬種とは

皆さんこんにちは。

今回私がみなさんにお伝えしたい内容はトリミングが必要な犬種と必要無い犬種について、です。

これからわんちゃんを飼おうと考えている方にお伝えしておきたい内容がこちらになります。

まず初めにトリミングが必要な犬種のメリットは基本的に毛がそんなに抜けないので、毛の処理が楽。そしてお部屋の掃除も楽です。次にデメリットとしては、大体1カ月半〜2カ月に一度、トリミングに連れて行かなくてはなりません。何故なら放置しておくと毛はどんどん伸びていき、毛玉になり、わんちゃんにとって不衛生な上、毛玉が皮膚を引っ張り、痛みをも伴うようになってしまう為です。また長期間汚れた毛玉を皮膚に着けておくことにより、わんちゃんの皮膚にも大きなダメージとなります。

よって、毛が抜けにくい犬種に関しては普段のお掃除はそこまで普段なく過ごせますが、定期的にトリミングに行かなくてはならないため、トリミング料金が発生してきてきまいます。また、基本的にはどんなに安いお店でも人間の髪のカット料金よりは少し高く付いてしまう為、その点、毛が抜けない犬種と比べて金銭的には余裕が必要になってきます。

次に毛が抜ける犬種に関してですが、これらの犬種のメリットとしては、毎月トリミングに連れて行かなくても、基本的には1年を通して勝手に毛が抜けていくため、トリミングの必要がなく、トリミング代がかかりません。

(かかっても爪切り代くらいでしょうか。)

特に春と秋に関してはちょうど毛の生え変わりの時期でもあるので、びっくりする程抜けます。その為、デメリットとしては、この後者タイプで更に室内犬となると、お部屋の掃除がかなり大変になってきます。例え外飼いでも庭が毛だらけになることもあります。

抱っこしようものなら洋服が毛だらけになったり。。

なので以上の理由を持ちまして、わんちゃんを新しく飼う際には上記のことをよ〜く踏まえた上で、自分に合ったタイプのわんちゃんを選ぶようにするといいと思います。

ちなみにここでざっくりとトリミング必須犬種の代表格と言いますと、トイプードル、シュナウザー、シーズー、ヨークシャテリア、などです。

そしてトリミングの必要性はあまり無いけど、抜け毛処理が大変な犬種の代表格といいますと、柴犬(和犬)、チワワ、ダックス、コリー、シェルティー、コーギー、ゴールデンレトリバーなどです。

他にもたくさん居ますが今ざっくりと人気犬種でいいますとこんな感じです。

選択時には、是非、“可愛い“だけではなく、自分の性格やライフスタイル、そしてご自身がちゃんと最後まで面倒見切れるかまで考えてから飼い始めるようにすると後々わんちゃんもあなたもストレス無く過ごすことができると思います。

今回の記事め参考になったらうれしいです。

equall LIFEでは犬や猫が快適に暮らせる物件やお役立ち情報を紹介していますので、参考にしてみてください。

 あなたにオススメ