環境省が犬猫殺処分数を発表 !犬猫の殺処分数は23,764頭(前年度比8,978頭減少)

犬猫の殺処分数は23,764頭

環境省が発表した統計資料「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」によると、2020年4月1日~2021年3月31日に殺処分された犬猫は、23,764頭でした。

様々なメディアや企業の発信によって殺処分数は、年々減少していますが、内訳をみると、「犬:4,059頭、猫:19,705頭」と猫の処分数が約5倍であり、特に猫の殺処分に課題がある事が分かります。

犬・猫の引取り及び処分の状況

<引き取り数>

犬:27,635頭

猫:44,798頭

合計:72,433頭

<返還数>

犬:9,463頭

猫:255頭

合計:9,718頭

<譲渡数>

犬:14,736頭

猫:25,130頭

合計:39,866頭

<殺処分数>

犬:4,059頭

猫:19,705頭

合計:23,764頭

ペットの飼育頭数公開に関して>>

全国の犬・猫の引取り数の推移

全国の犬・猫の返還・譲渡数の推移

全国の犬・猫の殺処分数の推移

平成16~令和2年度の犬・猫の引取り及び処分の状況

参照元:環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」

まとめ

殺処分の推移を見ると、10年前と比較して約10分の1と減少傾向であり、殺処分に対する国民の意識が変化していることも殺処分の減少に繋がっているのではないでしょうか。

equallLIFEのアドバイザーでもある今村真也が動画で保護犬の解説をしておりますので、是非ご覧ください。

執筆:equall編集部

 

おすすめキャットフード50商品>>

おすすめドッグフード50商品>>

 あなたにオススメ