【保護犬】保護犬について解説しました

保護犬について解説しました

最近耳にすることが増えた『保護犬』。

ペットショップやブリーダーから犬を迎えるのではなく保護犬を迎えるべきだという声が大きくなっています。

犬を迎える時の選択肢の一つとして『保護犬』を検討してくださるのは非常に有り難いことなのですが、だからといって何が何でも保護犬を迎なければいけないかというとそうは思いません。

一言で保護犬と言っても色んなコがいます。

これから保護犬を迎えようと検討されている方には是非見ていただければと思います。

あと、動画では話していませんが、ブリーダーの中には繁殖引退犬を保護犬として里親に出す方もいます。

『飼い主がいない犬』になるから保護犬です、という意味では間違ってはいないかもしれませんが私個人的には、商売に使えなくなった商品の在庫処分を保護犬というラベルを貼って里親に出すようなやり方は賛同出来ません。

ブリーダーは、繁殖引退犬も販売出来なかった犬も全て自分達で責任を持って最後まで飼うべきだと思います。

こういう無責任なブリーダーがいるから、『ブリーダー=悪』というイメージがついてしまってますね。

視聴をする

チャンネルについて

株式会社withdog.jp代表取締役の今村真也です。

全国のわんちゃんの飼い主様に、今よりももっと愛犬の事を理解出来るようになり、愛犬の事がもっと好きになれるような情報を発信していきます。

ぜひチャンネル登録&ご視聴宜しくお願い致します。

相談・リクエストができる

本動画では、ワンちゃんをメインに配信を予定しており、飼育者の皆様からの相談や「こんな動画を作ってほしい」というリクエストを受け付けております。

ぜひお悩みがある方は、Youtubeへコメントください!

※equallのLINEへのご連絡でも受け付けさせて頂きます。

https://line.me/R/ti/p/%40921odsrd

今村 真也のプロフィールはコチラをご覧ください。

 

【ACジャパンCM】その一目惚れ、迷惑です。犬の迎え方を考える 提供:(株)withdog.jp / 協力:(株) equall

 あなたにオススメ